パルシステムの商品には、商品カタログの中だけでは語り尽くせない、組合員や生産者の思い、開発に携わったメーカーの開発秘話などがあります。『商品図鑑』ではそのような思いや、こだわり、商品の歴史に光を当てていきます。ひとつの商品から、パルシステムの全体像が見えてきますよ!

パルシステムの商品図鑑

カテゴリから探す

  • 産直たまご・産直牛乳・パン

    産直小麦ごまあんぱん

    機関誌どりーむぺいじ2023年2月号掲載

    15年以上愛されている人気のあんぱん。登場以来、パン生地の小麦とあんの小豆は産直原料になるなど、組合員の声を受け進化してきました。食べやすい平焼きタイプで、中のごまあんは甘さひかえめで上品な味わい。定番のおやつにどうぞ。

    記事を読む

  • 惣菜(冷蔵、冷凍、軽食)

    ふっくら和風おろしハンバーグ

    機関誌どりーむぺいじ2023年1月号掲載

    一般的に輸入肉を使用する冷凍ハンバーグが多いなか、本品は育て方が明らかな産直豚肉と北海道産牛肉を使用。箸でスッと切れるほどふっくらとやわらかで、ジューシーな肉汁があふれます。さっぱりとしたおろしソースで仕上げました。

    記事を読む

  • 加工品・調味料

    北海道えりも産日高昆布

    機関誌どりーむぺいじ2022年12月号掲載

    コクのあるだしがとれる日高昆布。北海道の産直産地「えりも漁業協同組合」の生産者が、えりも岬周辺の海で採取した天然物です。やわらかくて調理しやすく“食べる昆布”としても楽しめるので、おでんやきんぴらなどにもどうぞ。

    記事を読む

  • 魚介

    礼文島船泊の産直・ 旬の真ほっけ切身干し

    機関誌どりーむぺいじ2022年11月号掲載

    人が住む日本最北端の離島、北海道礼文島。その沿岸で育つ真ほっけは、肉厚で脂ののりがよく、干物にも最適です。産直産地・船泊(ふなどまり)漁業協同組合では、いちばん脂がのる旬のものだけを漁獲しているので、より濃厚なうまみが味わえます。

    記事を読む

  • 米・雑穀

    エコ・産直発芽玄米 岩手ひとめぼれ

    機関誌どりーむぺいじ2022年10月号掲載

    玄米を発芽させることで栄養価が高まると注目の「発芽玄米」。パルシステムの発芽玄米の原料米は、栽培方法が明らかな産直のエコ・チャレンジ米を使用。白米に本品を入れて炊くだけなので、食生活に手軽に玄米食を取り入れられます。

    記事を読む

  • 惣菜(冷蔵、冷凍、軽食)

    ごま油香る産直えびの焼売 (エコシュリンプ)

    機関誌どりーむぺいじ2022年9月号掲載

    産地や養殖方法が明らかな産直えび「エコシュリンプ」。規格外品や身割れしたものを優先的に活用した、えびの食感と濃厚なうまみが楽しめる“産直えびが主役” の焼売です。おかずのもう一品に、お弁当にどうぞ。

    記事を読む

  • 惣菜(冷蔵、冷凍、軽食)

    信州望月高原の産直白菜キムチ

    機関誌どりーむぺいじ2022年8月号掲載

    長野県の産直白菜をこだわりのヤンニョムで漬けたパルシステムオリジナルのキムチ。化学調味料や甘味料を使わず、ていねいに作り、乳酸菌の力で発酵させた本格派。シャキッとした食感で辛みのなかにうまみがあり、飽きのこない味わいです。

    記事を読む

  • 惣菜(冷蔵、冷凍、軽食)

    宮崎のささがきごぼう

    機関誌どりーむぺいじ2022年7月号掲載

    冷凍野菜も安全安心なものをーー。宮崎県産の産直ごぼうを、旬に収穫して10日以内に冷凍加工しました。鮮度がよいうちに加工するので、ごぼう本来の風味と食感が生きています。ささがきにしてアク抜き済みなので、すぐに料理に使えます。

    記事を読む

  • 生活雑貨

    地球の未来にまじめな ボディソープ(紙パック)

    機関誌どりーむぺいじ2022年6月号掲載

    肌への心地よさと、環境へのやさしさを考えて開発したボディーソープ。ぬれた場所でも不具合なく、使い終わったらリサイクルできる業界初の紙製の容器を採用。洗浄成分である石けんの原料油脂は産直100%です。

    記事を読む