パルシステムの商品図鑑:アクアブリエ メークアップベース ファンデーション

パルシステム商品には、商品カタログの中だけでは語り尽くせない、組合員や生産者の思い、開発に携わったメーカーの開発秘話などがあります。『商品図鑑』 ではそのような思いや、こだわり、商品の歴史に光を当てていきます。ひとつの商品から、パルシステムの全体像が見えてきますよ!

おすすめ商品『アクアブリエ メークアップベース ファンデーション』

パルシステム神奈川ゆめコープ組合員が開発協力 パラベン、紫外線吸収剤などは不使用の新メークシリーズ

『アクアブリエ メークアップベース ファンデーション』について詳しく知ろう!

【今回お話をうかがった方】(2015年10月時点)
株式会社ジャパンビューティプロダクツ 根岸里歌さん
        同          福島優太さん
パルシステム連合会 生活用品2課 小松明日美職員

PB商品(※)のメークシリーズが約20年ぶりにリニューアル

 パルシステムが供給する商品には、「精査した素材を用いる」「添加物にはできるだけ頼らない」などの独自のルールがありますが、これは食品だけではありません。化粧品においても、パラベンをはじめとする防腐剤や抗菌剤など、肌への負担になるものは必要最低限に抑えた商品開発を手掛けています。そして、そのラインナップは基礎化粧品から、ファンデーションや各種メーク品まで多岐にわたります。

 PB商品のメーク品には、発売から20年以上支持を集めてきた『アクアセンティエ』シリーズがありましたが、2014年にリニューアルが決定。約1年にわたる開発期間を経て、『アクアブリエ』シリーズ(2015年10月1回供給開始)が新商品として登場しました。

 パルシステム連合会商品開発本部の小松職員は、「約20年ぶりのリニューアルですから、まったく新しいものにしたい。使う人の意見をしっかり反映したいということで、パルシステム神奈川ゆめコープの組合員のみなさんに商品開発チームとしてご協力をいただきました。また、同時に行ったアンケート調査では、7282件もの回答をいただき、組合員のみなさんが“今、本当にほしい”メーク品の実現をめざしました」と話します。

※PB商品:独自開発商品

シミやくすみをカバーしたい でも仕上がりはナチュラルに

 開発を担当したのは、(株)ジャパンビューティプロダクツ。以前からパルシステムのメーク品、基礎化粧品などを製造していますが、組合員のみなさんと直接やり取りをしながらの開発は今回が初めてでした。同社の営業を担当する福島さんは、「今回の商品のターゲット層は30〜60代と幅広い年代。しかも肌質や肌色は人それぞれ。全員が納得するものを作るのは至難のわざです。でも会議やアンケートの結果から、共通する要望があることがわかりました」と言います。それは「シミやくすみをカバーしたい」「ナチュラルな仕上がり」。この2点が重要だということが見えてきました。

 ところが、「この2つは、作る側からすれば相反する要望なんです」と、製品の開発を担当した根岸さん。「パウダーとの肌なじみをよくする界面活性剤や肌あたりをなめらかにするシリコンなどを多く使えれば簡単なのですが、本商品の場合は使えません。また、使用可能な成分でも、その配合バランスにまで厳しいチェックが入りますし、容器の形状による制限もあります。そこで今回は、今まで培ってきたノウハウだけで解決するのではなく、新しい原料を“探し出す”、ファンデーションの“基本処方自体を根本から見直す”など、今までにない製品を開発するのだという気持ちで取り組みました」(根岸さん)。メーカーの力量が試される機会だと感じ、カバー力とナチュラル感以外にも要望の多かった「肌色が明るく見える」「化粧くずれしにくい」「UVカット効果」「自分の肌に合った色」などもかなえようと決意し、試作を繰り返します。しかし「これぞ!」と思っても、商品開発チームからはそれを上まわる要望が…。それを取り入れてまた作り直すなかで、ようやく商品化にこぎつけたといいます。

肌色に合わせて選べる5色展開 ケースやパフにまでもこだわる

 本シリーズは、色ムラや黄ぐすみなどを補正し、透明感を出すピンクベースの下地と、5色展開のファンデーションを組み合わせることで、どんな肌色の人にも選びやすくなりました。「下地とファンデーションは伸びがよいのはもちろん、光の乱反射効果でシミやくすみをぼかし、明るく透明感のある肌に仕上げるこだわりの原料“フラワークリアパウダー”を採用。肌に負担のかかる紫外線吸収剤は使っていません。化粧くずれを防ぐ 皮脂吸着パウダーのほか、保湿成分としてコラーゲンなど3種類を配合。パフもファンデーションと最も相性のよいものを採用しました」と根岸さん。一方、化粧品はパッケージのデザインも重要です。そこで、「ファンデーションは最後まで使い切りやすい丸型がいい」「メークアップベースは細型のほうが高級感が感じられる」などの「見た目」についての意見も反映させたといいます。

 「組合員のみなさんが“自分たちが本当にほしいもの”を求めて作り上げたこのシリーズ。成分はもとより、これだけのこだわりを詰め込んでも、価格は抑えています。パルシステムのメーク品を使ったことがないという方にこそ、ぜひ使っていただきたいですね」(小松職員)

 

「アクアブリエ メークアップベース ファンデーション」のポイント

「アクアブリエメークアップベース」3つのポイント

(1)くすみ・色ムラを自然にカバー
淡いピンクのカラーでくすみなどを補正し若々しい肌に整えます。
(2)透明感のある肌に仕上げるフラワークリアパウダー
光を乱反射させ、明るく透明感のある肌に仕上げます。
(3)伸びがよいクリームでしっかりカバー
伸びがよく肌なじみのいいクリームが肌に密着してしっかりカバーします。

「アクアブリエファンデーション」2つのポイント

(1)シミ・小ジワをキメ細かくカバーする2種のパウダー
フラワークリアパウダー:光を乱反射させ、明るく透明感のある肌に仕上げます。
皮脂吸着パウダー:余分な皮脂を吸着することで化粧くずれを防ぎます。
(2)肌に合った色を選べるうれしい5色展開
パルシステムでお届けしているファンデーションは2〜3色がほとんどですが、「色を選びたい」という声に応え5色展開に。

パルシステム神奈川ゆめコープ おすすめ商品

カバー力と自然な仕上がり、 両方をかなえます!
『アクアブリエメークアップベース(化粧下地)』 30g
『アクアブリエファンデーション(詰替え)』パフ付き・全5色 9g (ケース別売り)
※本ページの内容は2015年10月時点の情報です。
商品の規格変更などにより、最新の商品情報とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。