パルシステム神奈川ゆめコープ
2014年度総代向け上期報告会~とっておきCafe~を開催しました

11月13日から12月9日まで、7会場(平塚、横須賀、新横浜、横浜、大和、相模大野、川崎)にて、2014年度総代向け上期報告会 とっておきCafeを開催し、141名の総代が参加しました。

 

総代からさまざまなご意見をいただきました
 

上期報告会「とっておきCafe」は、6月17日の通常総代会で承認された年間活動方針に対する上期の事業と活動の報告そして総代のみなさんが日ごろ感じる疑問などにお答えし、パルシステム神奈川ゆめコープの取り組みを理解していただく総代会議のひとつです。

 

今回は、DVD「ほんもの実感!」くらしづくりアクション ~パルシステムの商品~「産直大豆のもめん豆腐」「産直大豆の厚あげ」で、原料から製造方法までのこだわりを紹介しました。

 

相模大野会場の様子

 

上半期の取り組み報告

 

「神奈川に協同の輪を広め、地域から必要とされる生協をつくります。」をテーマに、上半期の具体的な活動を5項目に分けて、渡邊専務理事より進捗の状況などを報告しました。

 

1. 地域社会への貢献では、神奈川県の各地で活発に開催された組合員活動による交流やさらなる組織づくり・ネットワークづくりなど。

2. 活動政策の推進では、諸団体と連携を含めた課題推進。環境マネジメントや産直・食育活動についてなど。

3. 商品・事業活動の強化では、事業の成長を通じて組合員のくらしへの貢献や商品開発や利用普及。福祉事業の安定運営とサービスの拡充の結果など。

3. 人材の育成では、地域社会に貢献できる人材の育成の成果など。

4. 組織基盤の強化では、内部統制システムの強化や適切な資産管理、パルシステムグループの連帯を強め、安定した事業の展開の様子など。

 

また、2015年度の活動方針についての論議も始まっています。2015年度は戦後70年の年にあたり、特別課題として「平和」をあらためて学び、考え、伝え、行動する年としたいという考え方が提示されました。

 

資料は、ホームページニュース一覧や各地域で開催された組合員活動やエリアニュース、国や行政へ提出した意見書なども載せられ2014年度の上半期に行われたさまざまな活動がわかるように工夫されていました。

 

資料をみながら

 

テーブルトークでさらに論議を深めました

 

今回は開催した7会場付近で活動する作業所やワーカーズで作られているお弁当をご用意しました。 後半はお弁当を召し上がりながら、商品や活動への要望などについてさらに論議を深めました。話が弾むにつれて、それぞれの感じている地域の高齢化問題や防災、子どもの教育などへの思いが和やかながらも真剣に語られました。

 

なごやかながらさまざまな課題がでてきたテーブルトーク

 

参加した総代から寄せられたご意見

☆ 総代活動に始めて参加して商品のことや活動、事業の状況がわかって、中身の濃い時間を過ごすことができました。総代になってよかった。

☆ 厚あげを食べた時おいしくて感激したが、きょうのDVDの視聴でその理由がよくわかった。

☆ 地域の組合員同士の活動に期待したい。

☆ 平和の問題は、問いかけがなければ考えることがあまりないので、考えるきっかけを神奈川ゆめコープから投げかけてほしい。

 

今後も、総代のみなさんの声をとおして、組合員の願いを事業活動に反映していきます。