パルシステム神奈川ゆめコープ
神奈川県内で2014年ピースリレー(平和行進)が行われました


核兵器の廃絶、戦争のない平和な世界を呼びかけ、被爆地広島まで各地をリレーでつないで歩くピースリレー(平和行進)。今年も5月7日から13日間、神奈川県内27コースでピースリレーが開催され、5月19日に湯河原の地で静岡側に無事引き継がれました。


 

  平和を願う心をピースリレーの一歩に

 

ピースリレーは、「地球上から核兵器を追放することを国民に呼びかける」ために、1958年平和行進として始まりました。被爆地広島までのコースを平和への願いを込めて、各地をリレーしながら歩きます。

 

◆5月7日、川崎(六郷橋~川崎市役所)

東京からの引継ぎ式では、東京からの参加者220名と神奈川の参加者220名が、川崎の六郷橋で合流し、長蛇の列をつくり、引継ぎ式が行われる川崎市役所まで行進しました。

 

引継式では、目的地ヒロシマまでの通し行進者の紹介などが行われ、東京から神奈川に平和の願いが引き継がれました。

 

六郷橋での様子。これから行進が始まります


湯河原での様子。青空の下、元気に行進しました

 

◆5月15日、大船(平和祈念塔参拝・原爆慰霊)

大船観音原爆慰霊碑では、原爆被災者の会より、詩の朗読や平和を祈願したトランペット演奏などが行われました。

 

大船は、神奈川県の原爆死没者の慰霊碑があります。この慰霊碑は、広島・長崎の爆心地の石及びビキニで被爆した第五福竜丸の遺品を添え、千羽鶴を刻んだ橇(そり)に乗せ、被爆者が平和の丘に向かう姿を表しています。

 

◆5月19日、湯河原(湯河原観光会館~千歳橋)

静岡への引継ぎとなる湯河原では、沿道からたくさんの声援をいただきました。また、引継ぎ式が行われる千歳橋川端公園では、神奈川県から静岡県に平和の歌を唄いながら、横断幕・リレー旗の引継ぎが行われました。

 

ピースリレー(平和行進)は、平和を願うすべての人が一歩でも二歩でもいっしょに歩くことによって、その願いや想いが引き継がれます。参加していただいたみなさま、支援していただいたみなさまに心から感謝いたします。