イベント・講座のご案内

支援を受けたい方と、支援をお考えの方に

コロナウィルスの影響で、支援を受けたい方と、支援をお考えの方に 情報をお届けします。 DVや心の相談先もご紹介しています。

一般 全エリア
募集中
WEB締切日

概要

コロナウィルスにより、生活に大きな影響が出ている方が多くおられます。
このページでは支援を必要としている方と、支援したいとお考えの方に支援先の情報をご紹介しています。
※支援先や支援方法、規定などにつきましては、各ホームページの利用案内をご確認の上、ご自身の責任のもとご参加ください。

支援をうけたい方

行政の支援内容・DVの相談窓口など (こちらをクリック)

受けられる支援 /神奈川県HPから

神奈川県のHPでは、県民、県内事業者が受けられる支援、各種補助金などサポート内容をリーフレットで見ることができます。 その他、オンライン診療を行っている病院リストなども掲載されています。

神奈川県HPはこちらから

 

神奈川県のDV相談窓口

DVに悩んでいる方は、一人で悩まずに下記へご相談を。
神奈川県のDV相談窓口、県内市町村の窓口もあります。緊急の場合は、110番または最寄りの警察署へご相談してください。状況に応じ、LINEと電話相談とを使いご相談ください。

  1. 神奈川県 DV窓口 はこちらから
    女性相談員による相談(電話相談)
    月~金9時-21時 土日9時-17時 ※祝日を除く
    0466-26-5550

    女性相談員による相談(面接相談・予約制)
    月~日曜日9時-17時 ※祝日を除く
    0466-26-5550

    女性への暴力相談「週末ホットライン」
    土日17時-21時、祝日9時-21時
    045-451-0740

    For Foreigner多言語による相談(English、Chinese、Korean、Tagalog、Spanish、Portuguese、Vietnamese、Thai)
    Mon~Sat10:00~17:00 ※Appointment necessary for in-person counseling(面接相談は要予約)
    090-8002-2949

  2. 県内の市区町村 相談窓口(電話) こちらから<

  3. かながわDV相談LINE
    ID「@kanagawa-dv」友だち追加はこちらから

    ※通知を表示しないようにするには、通知をオフにしてください。
  4. DV相談ナビ(内閣府 男女共同参画局)
    全国共通の電話番号から発信地等の情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただくことができます。
    TEL:0570-0-55210
    ※ご利用には通話料がかかります。
    ※ご相談は、各機関の相談受付時間内に限ります。
    ※携帯電話やPHS、公衆電話からも利用できます。一部のIP電話からはつながりません。

  5. DV相談プラス(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)はこちらから
    0120-279-889(24時間電話相談)※メール、チャットもあります。


心の相談窓口

  1. よりそいホットライン /(一社)社会的包摂サポートセンター(Social Inclusion Support Center)
    ◆よりそいホットライン◆
    【電話番号】0120-279-338

    ◆Helpline for foreign languages◆(外国語による相談)
    【電話番号】0120-279-338
    * For service in foreign languages, please press 2 after the guidance.


  2. 神奈川県内 こころの相談(神奈川県HPから)
    ◆神奈川県こころの電話相談
    月~金9時-21時(受付20:45分まで) ※祝休日・年末年始を除く
    0120-821-606
      ※その他の相談機関はこちらから

    ◆神奈川県 いのちのほっとライン@かながわ(LINE相談)
    ID @inochi2020 2次元コードはこちらから

    月~金・日17時~22時(受付21時30分まで) ※祝休日・12月29日~1月3日を除く
     ※令和3年3月31日(水曜日)まで


  3. 地域のこころの電話相談
    ◆横浜市 こころの電話相談
    平日17時-21時30分 休日8時45分-21時30分 ※相談時間およそ20分程度
    045-662-3522

    ◆川崎市 こころの電話相談
    月~金9時-21時 ※祝日・振替休日、年末年始を除く
    044-246-6742

    ◆相模原市 こころの電話相談
    月~土17時-22時(受付21:30分まで) ※年末年始を除く 
    042-769-9819
    相模原市HP~相談窓口・ひとりじゃないよリーフレットなど

    ◆横須賀市 こころの電話
    平日・土日祝16時-21時 (コロナウィルス蔓延の影響により令和2年4月16日からしばらくの間)
    046-830-5407
    横須賀市こころの電話

支援をお考えの方

支援団体などへの寄附・食品の寄贈(こちらをクリック)

医療従事者をはじめ、様々な業種の方が一人でも多くの方のためにと活動されています。また生活への影響が深刻な方も増加しています。支援をお考えの方に。

フードバンクへの食品の寄付・支援金の寄付

  1. 『フードバンクかながわ』への食品の寄付・支援金の寄付
    雇用の悪化による助成金の申請に加え、食支援を求める人の件数も伸びています。
    各社協よりカップ麺・インスタントラーメン・レトルト・缶詰等の食品の提供の要請はありますが、フードバンクかながわでも在庫がないものも出ています。
    食品のご提供、また運営のための寄付をよろしくお願い致します。
    ※食品を直接寄付される場合には、フードバンクかながわまで送付またはご持参ください。
     ご持参の場合事前に確認をお願いします。(TEL045-349-5803)
    ※少量、1点からでも結構です。

    フードバンクかながわホームページ こちらから

    ☆フードバンクかながわは、深刻な貧困問題への危機感から、組織を超え県内の団体と協同で立ち上げたフードバンクです。

寄付で支援

  1. 「新型コロナ対応緊急応援助成」プログラム実施に伴う寄付募集/かながわ生き活き市民基金
    子どもや高齢者、社会的に弱い立場の人々への影響が広がっています。今行動している団体の活動支援に取り組みます。市民が市民を支えあう、今できる支援行動の一つとしておおぜいのみなさんからの寄付を募集します。
    (地域のフードバンク・子ども食堂・地域食堂による食支援事業・活動、子どもを持つ親を対象とした相談事業など)
    募集期間:2020年 4 月 23 日~ 8 月 31 日
    かながわ生き活き市民基金 ホームページ こちらから

  2. かながわコロナ医療・福祉等応援基金  /神奈川県 政策局 政策部総合政策課
    医療・福祉・介護の現場従事者や、それを支えるボランティア団体などを支援するため、寄附金を募集し、支援の原資とするための「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」を設置。 5月15日から寄附金の募集を開始。 口座振込もしくはふるさとチョイスを利用
    神奈川県「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」 こちらから

  3. ふるさとチョイスで応援。新型コロナウィルス被害に関する支援  /株式会社トラストバンク
    被害事業者、研究開発、子育て家庭など、新型コロナウィルスで苦しむ方へのさまざまな支援ができます。 事業者を応援、 ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)での新型コロナウイルス対策プロジェクト コロナ給付金寄付プロジェクトで支援(「寄付したいが、どこに寄付していいかわからない」という声に応え) 不安をかかえる子育て家庭に品を届けて直接支援!「きふと、」
    ふるさとチョイスの新型コロナ被害に関する支援 こちらから

購入・応援金で店舗を直接応援

  1. 横浜市HPから ~テイクアウト(持ち帰り)、デリバリー(宅配・出前)を行う飲食店を募集・紹介はじめました~
    テイクアウト&デリバリー横浜 こちらから
    ※多くの市町村公式HPで地域応援のテイクアウト・デリバリー情報が掲載されています。ぜひ検索してみてください。
  2. 横須賀商工会議所HPから~「よこすかプレミアム応援団』苦境の市内店舗に応援金と皆さまの想いを届けたい!
    未曽有の困難に直面する店舗を、支援したい!元気になってほしい!という想いから、直接的に資金援助をするプロジェクトが立ち上がっています。
    いつものお店、これからも行きたいお店を守りたい方。 70店舗の横須賀市内の飲食店が参加する『横須賀ショップ応援団!』に、新たなサービス業が加わり、幅広いお店への応援が可能に。来店のお約束や応援の気持ちは、この危機を乗り越える活力に!
     ※指定店舗が万が一閉店などでチケット利用ができない場合にも、応援の趣旨による クラウドファンディングであるため返金はありません。ご理解の上ご参加ください。
    よこすかプレミアム応援団について こちらから

更新日6月26日