新着プレスリリース

2019/11/12
プレスリリース

~台風15号で被害を受けた産直産地へ支援活動~ 三浦半島EM研究会の畑で農作業を支援

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、台風15号による被害で大幅に遅れが出た農作業を支援するため、11月4日~8日の間、パルシステムの産直産地である三浦半島EM研究会(三浦市)の農作業支援に取り組みました。

2019/10/30
プレスリリース

~ステーションパル~ 配送センターでの商品受け渡しを開始

神奈川県内で食品・日用品の個人宅配を中心に事業を行っている生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)では、個人宅配など通常の配送に加え、決まった場所で商品を受け取れるサービス「ステーションパル」を10月から開始しました。

2019/09/30
プレスリリース

「がんとともに生きる 知っておきたい治療と仕事の両立」について講演会を開催します

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、10月6日(日)、NPO法人CNJ認定乳がん体験コーディネーターの松井亜矢子氏による講演会を開催します。共働きが増えている中で、女性のご利用者の多いパルシステムは、乳がん経験者の講師による正しい知識や仕事との両立のしかたなどについて講演を行ないます。

2019/09/19
プレスリリース

9月22日(日)日本丸訓練センターにて 平和・国際フェスタ 「ハートカフェ2019」 を開催します

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、9月22日(日)、日本丸訓練センター(日本丸メモリアルパーク内)にて、地域の市民団体やNPOと連携し身近な平和や国際活動を広く伝えるお祭り、平和・国際フェスタ「ハートカフェ2019」を開催します。フォトジャーナリスト安田菜津紀さんによる講演会も実施します。

2019/09/16
お知らせ
商品関連

パルシステムオリジナル「あらびきポークウインナー」 もっとおいしくなって新登場(パルシステム連合会リンク)

パルシステムオリジナル「あらびきポークウインナー」は、9月23日(月)から注文受付を開始します。
組合員にも好評の「あらびきポークウインナー」がリニューアルします。安全・安心はそのままに、食感や味を大きく変えました。めざしたのは「やわだん」。柔らかさの中にある弾力、噛めばぷりっとジューシーです。

2019/09/06
プレスリリース

9月10日(火)くらしの見直し講演会「離れて暮らす親の介護とお金」を開催します

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、9月10日(火)、「くらしの見直し講演会」として、介護・暮らしジャーナリスト、NPO法人パオッコ理事長)の太田差惠子 氏を講師に迎えた講演会を開催します。
遠距離・近距離を問わず、別居の親に介護が必要となった場合にどのような対応ができるか、費用はどうするのか、自分の暮らしを大切にしつつ、親を支えるための講演です。

2019/08/30
お知らせ
商品関連

パルシステムオリジナル「味付いなり揚げ(産直大豆使用)」新発売(パルシステム連合会リンク)

パルシステムオリジナル「味付いなり揚げ(産直大豆使用)」は、9月2日(月)から注文受付を開始します。
原料となる豆腐には産直大豆を使用し、消包剤を使わずに、にがりだけで固めています。揚げ油は圧搾一番しぼりの菜種油(遺伝子組換えでない)を使い、ゆっくりじっくり温度を調整しながら、肉厚でふっくらとした油あげに仕上げました。

2019/07/29
ニュース
プレスリリース

フードドライブを全ての配送センターで実施します

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、8月から11月にかけて、当組合の全ての組合員を対象に全11の配送センターで賞味期限がありながら不要となった食品を寄贈いただくフードドライブを順次実施します。
また、8月20日には、横浜北センター(横浜市緑区北八朔町160番地 横浜市営地下鉄グリーンライン「川和町駅」より徒歩7分)にて夏休み親子参加企画として「フードドライブを知ろう!学ぼう」を開催し組合員向けに学習会と仕分け体験を行います。

2019/07/22
ニュース
プレスリリース

JA佐渡と神奈川の生協が環境にやさしい米作りを確認

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、環境保全型農業に取り組む佐渡農業協同組合(JA佐渡 本店:佐渡市原黒300-1 経営管理委員会会長:永井充)と、パルシステムの産直基準による栽培方法であることを圃場や帳票等を確認する公開確認会を開催します。公開確認会は消費者である生協組合員と、農畜産物の生産者が直接会って話し合うことが特徴となっています。