ニューステーマ:イベントレポート

2020/12/03
イベントレポート

「ひきこもり女子会@パルシステム神奈川」を開催しました

11月13日、新横浜にて「ひきこもり女子会@パルシステム神奈川」を開催し、30名が参加しました。
生きづらさを感じる女性が、安心して居られる場所が必要とされています。
今回の企画では、ひきこもりUX会議の室井氏、いけお氏を講師に迎え、一部は講師による体験談をうかがい、ニ部は当事者の女性のみが集える交流会を行いました。

ありのままの体験に共感

一部は、まず、自分らしさを持ち生きる大切さを室井氏からうかがい、次にいけお氏の体験談へと続きました。
講師はこれまで感じてきた思いや体験を具体的、ていねいに語り、参加者は一つひとつに共感するように、うなずきながら聞き入りました。自分をみつめ、社会とつながろうと行動する講師の姿に、参加者は励まされているようでした。

講師の室井氏(右)といけお氏(左)

ひとりではないと思える

二部は、当事者の女性が同じ思いを共有し、男性の目を気にすることなく安心して話せる場として20代から50代以上の女性21名が参加しました。
各テーブルでは、立場や環境の違いはあるものの、同じ思いを抱く人同士、安心して交流がすすみました。
今回思い切って話せたという方、久しぶりに話ができた方、同じ悩みを抱えた方の話が聞けた方など、さまざまな方が交流する機会となりました。

ひきこもり女子会の案内チラシ

参加された方の声

一部:講師のお話について
・私だけじゃなかったと思えた
・ほかにも自分と同じ気持ちの人がいたことを知ることができ、気持ちがスッキリした
・自分の中にある生きづらさをやり過ごすための参考になる
・行動しなくてはという焦燥感を感じながら実現できない日々、今の自分の状況と重なり共感した

ひきこもり女子会講師の冊子

二部:交流会
・緊張したが、人と話す機会が極端に少ないので楽しい時間を過ごせた
・同じような悩みをかかえた方の話が聞けてよかった
・いろいろな環境の人と話ができ、自分のことも客観的に見つめ直す機会になりそう
・今回思いきって話してみて楽しいと思う瞬間もあり、話ができてよかった
・必要不可欠な会だと思えた。このような会がなければ明日も危うい人がたくさんいるのではないかと実感

 

全体の感想
・出るきっかけ、人と話すきっかけになりました
・すこし元気になれました。明日からの活力になりそうです!
・日々ひとりで鬱々としていたので、このような機会を与えていただいてとても嬉しい
・なるべくいろんな人と話そうと思って今日は来て、少し達成できた
・落ち込むことが最近多かったので安心して自分のことを話せる時間を過ごせてよかった

その他、今後の開催を希望する声が多く聞かれました。

 

生きづらさを感じる女性が、誰かの目を気にすることなく安心して集える場、誰かとつながり、ひとりではないと感じられる場が大切だと、あらためて感じる企画となりました。

 

※この企画はパルシステム共済連のたすけあい活動助成金を使用して開催しています。