ニューステーマ:イベントレポート

2020/07/22
イベントレポート

【組合員からの投稿】おうちでお米を育てよう!(その3)

米産地から贈られたバケツ稲を育てている組合員のみなさんからの投稿と生産者からのコメントです。

新型コロナウイルスの影響で、20年以上にわたり行ってきた米産地の岩手県JAいわて花巻、宮城県JA新みやぎとの田んぼの体験交流が中止となっています。

組合員が来るのを楽しみにしていた生産者のみなさんも非常に残念がられ、家で過ごす時間が多くなったみなさんに少しでもお米作りを体験してもらいたいという思いから、産地のご厚意で、今年の春と初夏の体験交流にお申し込みいただいた組合員(希望者)を対象に『バケツ稲セット』プレゼント企画を行いました。

今回も、バケツ稲を育てている方々からの現在のバケツ稲の写真とともに、産地への質問やコメントを紹介します。また、写真やコメントは産地と共有して、生産者から育て方のアドバイスをいただきました。

 

ペンネーム:みーママさん

スズメ対策の網は何月くらいからすればよいでしょうか?

 

産地コメント:JAいわて花巻

8月に入ると穂に白い花が付きます。
その頃にネットで囲う必要があるかもしれません。

 

ペンネーム:Yさん

いつもおいしいお米をありがとうございます。近所の猫に葉っぱを何度かかじられたり、葉っぱにくるまっている青虫が何匹か発見されたりと、何度か稲にダメージが加わり心配しています。引き続き大切に育てます!

 

産地コメント:JAいわて花巻

(以前、産地交流に参加したことのある)お子さんの成長にびっくり!大きくなりましたね。稲も立派に生長していますね。

 

ペンネーム:Oさん

(写真投稿のみ)

 

産地コメント:JAいわて花巻

元気に生長していますね。茎の本数が少し多すぎるようなので、細い茎を抜くことをおすすめします。

 

ペンネーム:れいれいさん

順調に育っていたのですが、先日の雨風で傾いてしまいました。根っこも少し見えてしまっています。まっすぐにして添え木か何かした方がよいでしょうか。放っておいても戻りますか?

 

産地コメント:JA新みやぎ

そのままにしていても生長はしますが、植え直すよりは、支えとして棒を差し管理する方が、まっすぐ生長すると思います。

 

ペンネーム:Kさん

順調に育っています。
一度も水が切れたこともなく、濁りもない場合はそのまま水の量にだけ気をつけていれば大丈夫ですか?

 

産地コメント:JAいわて花巻

根が酸欠にならないよう、2日くらい水を抜いて土に空気をあてましょう。

 

ペンネーム:あやねこさん

ビル風が強くて稲が枯れてきてしまいました。どうしたらいいですか。適当なバケツがなくて、水槽で育てていますが、それもよくないでしょうか?

 

産地コメント:JAいわて花巻

風の弱い日にベランダに稲を置き、光をあてましょう。水槽は、空気がこもったり日が差すと水温が上昇する可能性がありますので、バケツのほうがよいかもしれません。

 

【関連ページ】
【組合員からの投稿】おうちでお米を育てよう!
【組合員からの投稿】おうちでお米を育てよう!(その2)