ニューステーマ:ニュース

2019/07/22
ニュース
プレスリリース

JA佐渡と神奈川の生協が環境にやさしい米作りを確認

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(本部:横浜市港北区新横浜 理事長:藤田順子)は、環境保全型農業に取り組む佐渡農業協同組合(JA佐渡 本店:佐渡市原黒300-1 経営管理委員会会長:永井充)と、パルシステムの産直基準による栽培方法であることを圃場や帳票等を確認する公開確認会を開催します。公開確認会は消費者である生協組合員と、農畜産物の生産者が直接会って話し合うことが特徴となっています。

パルシステムの産直

「つくる人」と「食べる人」がともに健康で安心なくらしを実現するため、パルシステムと産地で「産直協定書」を締結。組合員と生産者が相互に理解し利益もリスクも分かち合える関係を築き、環境保全型・資源循環型農業を行っています。生産者と組合員が直接交流を行いながら、ともに心豊かで持続可能な地域社会をつくることをめざしています。

公開確認会

農産物の栽培方法や安全性の取り組みを消費者である生協組合員が直接確認するパルシステム独自の取り組みです。食に関わる安全性や生産者の努力を組合員自身が確かめることで、生産者と組合員がより深く理解し合い、課題を共有し改善につなげる発展的な交流のシステムです。

「トキを育むお米(エコ・佐渡コシヒカリ)」

今回の監査品目は農薬・化学肥料を佐渡地域における慣行基準から5割以上の削減を行って栽培している「トキを育むお米(エコ・佐渡コシヒカリ)」です。トキの保護活動を機会にトキのエサ場となる生物多様性にとんだ環境にやさしい米作りがされています。

~JA佐渡 公開確認会~

スケジュール:2019年7月29日・30日  
  7/29 13:00 あいぽーと佐渡 開会     
           15:00 野浦地区圃場の見学     
           17:00 両津やまきホテルにて帳票監査  
  7/30 08:00 畑野地区トキ観察     
           11:00 あいぽーと佐渡 監査報告     
           12:00 閉会

参加者:パルシステム神奈川ゆめコープ、JA佐渡、 佐渡の米生産者、佐渡市、パルシステムグループ、 全国のパルシステム米生産者、ほか103名参加予定

主催:生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ
          佐渡農業協同組合

昨年の公開確認会
鹿児島くみあいチキンフーズ(株)
 

【お問合せ先】 生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ  運営本部 機関運営部 広報課  
        TEL:045-470-1154 / FAX:045-470-4178