ニューステーマ:プレスリリース

2018/11/28
プレスリリース

生協職員が相互扶助の社会づくりと「分かち合い」を学ぶ フードバンクかながわで職員研修を実施

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ(理事長:吉中由紀、本部:横浜市港北区新横浜3-18-16)は公益社団法人フードバンクかながわで職員研修を実施しました。当組合の職員一人ひとりが貧困問題や食品ロス問題を意識し、当組合の取り組みや活動を理解するため実施し、正規職員・パートナー職員が寄贈された食品の仕分けを行いました。

生協ほか協同組合、福祉団体により設立されたフードバンクかながわ

公益社団法人フードバンクかながわは、当組合など生活協同組合と農業協同組合などの協同組合、労働福祉団体、市民福祉団体により設立された「分かち合い」の相互扶助の社会づくりをめざす組織です。

11月24日開催「パルゆめつなごう展」でフードドライブを実施

職員研修に先立つ11月24日、当組合が扱う商品のイベント「パルゆめつなごう展」をパシフィコ横浜で開催しました。当日会場で来場組合員、市民から各家庭に眠っている食料品を寄贈いただく「フードドライブ」を実施し62㎏の食料品をお預かりしています。
今回の研修では主にフードドライブでお預かりした食料品をフードバンクかながわの倉庫で種類別、賞味期限残期間別に仕分けする作業を行いました。
パルシステム神奈川ゆめコープでは職員も社会に拡がる見えない貧困や、環境破壊にもつながる食品ロスを学び、分ちあい社会・循環型社会を学び、当組合が推進する地域づくりの理解を深める人材育成を進めています。

フードバンクかながわで職員研修

【主 催】
生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ

【研修先】
公益社団法人フードバンクかながわ

【日 程】
11月27日(火)10:00~12:00

【場 所】
フードバンクかながわ倉庫
(横浜市金沢区富岡東2-4-45)

お問い合わせ

パルシステム神奈川ゆめコープ 機関運営部 広報課

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル3F

TEL:045-470-1154(月〜金9:00〜17:00)