ニューステーマ:ニュース

2018/11/28
ニュース

相模原市立上溝南小学校の児童がセンターを訪問

11月15日、当組合相模センター(相模原市中央区上溝)に近隣の市立上溝南小学校の児童が見学に来られました。
2年生の生活科の学習で、自分たちが住んでいる町のすばらしさを知る「町たんけん」で、学区内にある相模センターを訪問することになりました。

生協の宅配とリサイクルについて話しました

当日はセンターの冷蔵・冷凍倉庫の設備や、トラックでの配送のしかたを説明しました。
また、パルシステムで進めている包材のリサイクルについては、クイズ形式で説明しました。
ふだん、目の前を通り過ぎるだけのセンターが何をやっているのか、少しわかってもらうことができました。

当組合は、県内各地の小学校の総合学習で「お米の授業」や「環境出前講座」を実施するなど、地域の子どもたちの教育にも協力しています。

たくさんあるリサイクル品についても説明