ニューステーマ:ニュース

2018/10/23
ニュース

「鹿児島くみあいチキンフーズ公開確認会」を開催しました

10月12日~13日の2日間にわたり、鹿児島県で「鹿児島くみあいチキンフーズ公開確認会」を開催しました。事前の講習会を修了した監査人と一般参加組合員、生産者、当組合およびパルシステムグループ役職員、関係者など62名が参加し、監査品目の『鹿児島若鶏照焼チキン』の製造状況や帳票などを確認しました。

パルシステムで13品目を扱う鹿児島くみあいチキンフーズ(株)

公開確認会は、1999年に始まった、生産者と消費者の二者が産地で生産状況を確認するパルシステム独自の制度で、これまで農産品の産地を中心に130回以上開催されています。

鹿児島くみあいチキンフーズ株式会社(以下、鹿児島くみあいチキンフーズ)は、種卵から生まれたひなをブロイラー生産農家に預託し、飼育された生鳥を鶏肉に処理加工することで、一貫した生産・処理システムを実現しています。パルシステムでは、今回監査品目となった『鹿児島若鶏照焼チキン』のほか、『鹿児島若鶏モモ唐揚(しょうゆ)』、クリスマス限定の『鹿児島若鶏ローストチキン(骨付モモ)』など、13品目を取り扱っています。

利用者が自分の目でしっかり確認し伝えていく

1日目、JA鹿児島県会館(鹿児島市)では、帳票監査、産地プレゼンテーションを行いました。開会にあたっては、当組合の吉中由紀 理事長から、「利用者が自分の目でしっかり確認していくことが注目されている時代に、実際に組合員が見させていただくことで、自信を持ってすばらしい商品だとお伝えしていきたい。みなさんの努力をしっかり受け止める機会にしたい」と語りました。
鹿児島くみあいチキンフーズ中馬公弘 代表取締役社長からは、「経済成長とともに食の生産と消費の分業化がすすんできたなか、公開確認会のような取り組みの意義は非常に大きい。お礼申し上げます」と、挨拶がありました。

産地プレゼンテーションの様子

『鹿児島若鶏照焼チキン』商品化の工程を総合的に確認

今回の公開確認会では、原料となる鶏が卵からふ化し、産地で若鶏に成長し出荷、工場で加工され商品になるまでの一連の流れを、プレゼンテーション、工場見学、帳票確認で、総合的に確認しました。卵からふ化を担う加治木ふ化場(姶良市)(監査人のみ見学)、若鶏のと体と1.5次加工(1枚肉から「照焼チキン」向けにカット肉にする)を行う川内工場(薩摩川内市)、製品化する加工食品工場(鹿屋市)を見学。また、ふ化した鶏を若鶏まで育てる産地の様子は、産地プレゼンテーションにて、動画で紹介いただきました。

一般的にウインドレス鶏舎と呼ばれる、自然の光も入らない鶏舎が多いなか、照焼チキンとなる「鹿児島若鶏」を生産する農場は、自然の光と風の入る鶏舎です。プレゼンテーションでは、産地「薩南ブロイラー団地」の動画で、定期的に観察するなど、自然に近い環境のもとで、生産者が手をかけて大切に鶏を育てていることを確認。防疫対策(養鶏場の入り口に石灰を散布している)などの取り組みも確認しました。入雛から出荷までは約50日間。出荷後、空になった鶏舎は、水洗、消毒、など清掃を実施したあと、新たな雛を入雛。1年に4回出荷を行うとのことです。成長の過程で堆積した鶏糞は、発酵させて再利用することなど、資源循環型の取り組みも行っています。

川内工場、加工食品工場の見学では、衛生的な環境下、厳密な管理体制のもと生産が行われていることを確認。生産ラインでは、鹿児島若鶏とほかの産地の鶏が混ざらないように、切替札やカラーボールを用いながら分別管理を行っていることのほか、工場での人手不足などの課題もうかがいました。

川内工場の加工ライン

加工食品工場の様子

これからもいい商品をお届けしていきたい

2日目、すべての監査を終えたあと、県民健康プラザ健康増進センター(鹿屋市)にて、組合員監査人3名をふくむ7名の監査人から、所見報告が行われました。組合員監査人からは「帳票と現地の視察で、団地・農場ごとの仕様管理、生産管理のコントロール、加工の仕様表示など、生産・加工のさまざまな局面でしくみを確立し、厳重なチェックを行い、間違いなく運用していることを確認しました」「みなさんが心をこめて雛から育てたものが製品となって組合員に届いていることを実感しました」「産地の特徴を活かしたネーミングを検討し、ブランド力をアップしていってほしい」など、所見が述べられました。

監査人の所見報告の様子

所見報告を受けて、鹿児島くみあいチキンフーズ(株)常務取締役の新開稔氏からは、「大変貴重なご意見をいただいた。これからも組合員の信頼を高めるように、もっともっと精進していきたい。しっかりと健康な鶏を作るということを大前提に、加工品をふくめてこれからもいい商品を作り、みなさまの食卓にお届けしていきたい」と、力強い言葉で結びました。

【関連記事】
・パルシステムの商品図鑑:鹿児島若鶏照焼チキン
・パルシステムの商品図鑑:鹿児島若鶏モモ唐揚(しょうゆ)

イベント情報はこちらから(イベント一覧)
ほかのニュースを見る(新着ニュース一覧)