ニューステーマ:イベントレポート

2018/09/27
イベントレポート
講演会レポート

「くらしの見直し講演会~これだけ知っていれば大丈夫! お金の知恵~」を開催しました

9月11日、ミューザ川崎にてファイナンシャル・プランナー(CFP®)の波多間純子氏を講師に迎え「これだけ知っていれば大丈夫! お金の知恵」というテーマで講演会を開催し、組合員、役職員を含め83名が参加しました。

自分の家庭に合った金融商品の特徴と選び方

28年間にわたり、数多くの家庭の家計相談に応じてきた経験をお持ちの波多間氏。 これまでの経験をふまえ、まず、教育費や住宅ローン、老後資金という家計の3大資金問題に備えるために、どのような金融商品を選ぶべきなのかという点について、「預金」「債券」「株式」の3種類の商品それぞれの特徴を中立の立場で詳しくお話がありました。

一般的に金融商品を選ぶ際には、「どの金融商品がもうかるのか」という点に目を向けがちです。しかし「あくまでも自分で目利きしたうえで自分に合った商品を選んでほしい」、そして「世の中にあふれる情報に惑わされることなく、経済の流れを読む力を養うことが重要」とのこと。

テンポよく、わかりやすくお話しされる波多間純子氏』

一見むずかしく感じてしまう経済指標の見方についても、表やイラストを交え、時にはクイズ形式のやりとりをはさみながら説明がありました。

ストレスのない家計管理の3つのポイント

続いて私たちの毎日の家計管理の方法について、「変化に強い家計の作り方」「感謝する家計の作り方」「リスクに備える家計の作り方」という3つテーマに沿って教えていただきました。

なかでも、ストレスのない家計管理のために大切なことは、「お金を使うことに対して罪悪感を持つのではなく、自分や家族にとって『よかった』と思えることにお金を使うこと」という点について例を挙げながら詳しい説明がありました。

経済指標を見る方法を具体的に教えていただきました

人生100年ライフを生きるために必要な家計管理の方法

これからの家計管理で大切なのは、「仕事や楽しみ、学びや生きがいといった部分に有効にお金を使うことを繰り返しながら、ストレスを感じることなく資金を貯めることが必要」とのこと。
「まずは少額でもいいので、普通の主婦も老後のために自分名義の積立を始めてみましょう」というアドバイスがありました。

講座に参加された方からは「具体的ですぐ実践できる内容だった」「続きのお話もぜひ聞きたい」という声をたくさんいただきました。

会場はほぼ満席。参加者はメモを取りながら熱心に聞いていました

当組合のLPA活動では、今後も各家庭の家計管理の方法や保障の見直しについての学習会を随時行います。ぜひご参加ください。

※これから申し込み可能な学習会
・保障の見直し学習会(生命・医療):10/26(金)、11/2(金)(子育て編)
・ライフプラン講座「お金にも働いてもらおう」:11/7(水)

【参加者の声から(抜粋)】

  • 大切なポイントをわかりやすく聞くことができ、問題点の洗い出し方法を考えるきっかけになりました。
  • 何となくわかった気になっていたことをわかりやすく説明していただけたので、自分でもきちんと理解できました。
  • 金融機関でも同じような講座があると思うけれど、顧客の立場に立った説明ではないと思うので、今後また続きの講座も開催して欲しいです。
  • 非常にわかりやすいお話でした。もっと若いときに知っておきたかったと思いました。
  • お金だけではなく、自分が楽しく過ごせるお金の使い方をしようと思いました。
  • 自分がいかに勉強不足だったのか、情報収集していなかったのかが自覚できました。
  • 具体的な方法をたくさん教えていただき、目からうろこが落ちる思いでした。
  • 家計に関して前向きになれるような言葉をたくさんいただきました。テンポよく、わかりやすく、あっという間の時間でした。またお話を聞きたいです。

イベント情報はこちらから(イベント一覧)
ほかのニュースを見る(新着ニュース一覧)