ニューステーマ:プレスリリース

2017/07/25
プレスリリース

「福島の子ども保養プロジェクト」を継続実施しています

8月8日(火)~8月10日(木)の期間、三浦市・横須賀市周辺で「2017年夏休み 福島の子ども保養プロジェクト」を実施します。

東日本大震災から6年が経つなか、福島では除染がすすみ、さまざまな帰還促進政策がとられています。しかし、いまだに震災前の5~6倍の放射線量のなかでの生活を余儀なくされている親子も多数おり、継続した保養の実施と支援の継続が必要であるといえます。

当組合では、そんな子どもの心身の健康に不安を感じる福島の保護者の気持ちに寄り添い、生協としてできる震災支援活動のひとつとして、多くの団体と協力しながら保養プロジェクトを継続実施しています。「福島の親子のために」と寄せられたパルシステム組合員からのカンパも活用し、夏の企画では、福島の子どもたちに神奈川で元気いっぱい外遊びができる機会を提供しています。今夏は8月8日(火)~8月10日(木)の期間、三浦市・横須賀市周辺で実施します。

6年という月日の経過とともに、人々の関心も薄れつつありますが、2017年3月の住宅支援打ち切りによって、避難者に福島帰還を迫る状況にあるなど、新たな問題も生まれています。今なお残る原発事故の課題について、多くの方に、知り考える機会にもしていただきたく考えております。

2017年夏休み 福島の子ども保養プロジェクト

【日程】 
8月8日(火)~ 8月10日(木)2泊3日

【会場】
油壺マリンパーク、ソレイユの丘など、三浦市・横須賀市周辺

【参加者】
福島の子どもたち 25名(予定)

【おもな行程】
8月8日(火)…油壺マリンパーク 見学
8月9日(水)…関根川探検+自然観察、観光船にじいろさかな号 乗船
8月10日(木)…ソレイユの丘にて外遊び

 昨年夏の「福島の子ども保養プロジェクト」にて 川遊びの様子

※取材をご希望の際は、事前に下記お問い合わせ先(TEL:045-470-1154)までご連絡ください

お問い合わせ

パルシステム神奈川ゆめコープ 機関運営部 広報課

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル3F

TEL:045-470-1154(月〜金9:00〜17:00)

ほかのプレスリリースを見る(プレスリリース一覧)

新着ニュース一覧を見る