ニューステーマ:イベントレポート

2017/06/27
イベントレポート

~知って安心! 生命保障、知って納得! 医療保障~保障の見直し学習会を開催しました

6月19日と23日、新横浜本部にてLPA(※)による保障の見直し学習会を開催し、延べ16名が参加しました。少人数で和やかな雰囲気のなか、「知って安心! 生命保障」では、万が一の場合に備える生命保障の考え方について、「知って納得! 医療保障」では病気への不安に備え、公的社会保険制度や医療保険の基礎について学びました。

※LPA(ライフプラン・アドバイザー)・・・わが家のお金の不安や疑問について学び、ご自身で解決して行くためのお手伝いをする組合員活動。ファイナンシャル・プランナーの資格をもち、LPAとして登録している組合員が、中立な立場で講師となり、家計簿講座や教育費講座、無料電話相談、おこづかいゲームなど、家計のお金に関する講座を開催しています。

知って安心! 生命保障

万が一の場合にも、家族が健康に自分らしく生きて行けるよう学ぶ講座が生命保障の学習会です。今回はライフステージの異なる参加者がともに学びました。

万が一のリスクに備えるにはまず、これからの支出と収入にどのようなことが考えられるかを想定し、必要保障額を算出します。今後予想される支出は思いがけないほどの大きな金額となりますが、公的年金制度から見込まれる収入もあります。それらを踏まえて、この講座の山場である必要保障額を計算。みなさん真剣に取り組んでいました。その後は民間保険などについて学びました。

今回の講座も和気あいあいと楽しく、その中に内容がギュッとつまったあっという間の90分でした。

6月19日開催の「知って安心! 生命保障」の様子

知って納得! 医療保障

日本は国民皆保険となっていますが、自身の入っている健康保険組合のことは知っているでしょうか。保障というと、すぐに民間保障と思いがちですが、保障を考えるときはまず、公的保障から考えることが大事とのこと。

健康保険組合からはさまざまな給付があります。最近耳にするようになった高額療養費制度もそのひとつですが、各家庭、所得や年齢により給付金額は異なります。この学習会では、自身が加入している健康保険組合を確認したうえで、入院中の家計の収支を考え、民間の医療保障を選ぶポイントを学んでいきました。

6月23日開催の「知って納得! 医療保障」の様子

どちらの講座でも、最後には質問が次々飛び出しました。講師の具体的な体験談を踏まえたお話はとても参考になったようで、参加者はみなさんうなずきながら聞き、「細かい質問に対してもていねいに回答していただいてとても勉強になった」「実際のモデルパターンで計算したので、よりわかりやすかった」「中立な立場で安心して相談できます」などの感想が寄せられました。

   

日本は公的保障が充実しています。ただし、このような制度は高齢化などの影響により、時代とともに新しい制度へ変わっていくものなので、今後もアンテナを張って、ニュースなどをチェックすることが大切です。LPAでも、最新の情報を組合員に伝えられるよう、努力していくとのことでした。

   

イベント情報はこちらから(イベント一覧)
ほかのニュースを見る(新着ニュース一覧)