市民活動応援プログラム

市民活動応援プログラムとは、神奈川県内で活動するNPO法人や市民活動団体を資金面で応援する制度です。「市民活動支援金」と「賛助金カンパ」で支援し、市民が主体となった元気な地域づくりへの貢献を目的としています。

市民活動応援プログラムの概要

支援金の制度は2000年度から始まりました。支援金はパルシステム神奈川ゆめコープの剰余金から「社会貢献支援積立金」として積み立てた一部が原資となります。市民活動支援運営委員会による支援先団体の選考過程では組合員も選考補助委員として参加しています。
2017年度までに、355団体に対して、総額7,003万円を支援しました。

2018年度の募集は、2018年8月20日をもって終了しました

市民活動応援プログラムのしくみ

2018年度市民活動応援プログラムのスケジュール

賛助金カンパ

組合員が市民活動団体を、カンパというかたちで直接応援できるシステムです。賛助を受けた団体からは「地域で応援されている」という自信にもなり、喜ばれています。
2017年度までの16年間に540万2,524円の気持ちが寄せられました。

2018年度は、一次選考を通過した22団体の活動に対して、10月29日〜11月16日に組合員のみなさんへ「賛助金カンパ」を呼びかけました。「賛助金カンパ」は、各々の団体へ贈られ、地域の中での活動に役立てられます。

2018年度市民活動支援金 支援先団体のご紹介

2018年度市民活動支援金 支援先団体の一覧はこちらから(PDFが開きます)

2018年度市民活動支援金の支援先団体を紹介します。ホームページ・ブログのURLをクリックしていただくと、各団体の活動の様子がご覧いただけます。

甲状腺エコー検診神奈川の会(神奈川県) ◆医療・健康づくり◆
https://sites.google.com/site/echokanahp/
関東子ども健康調査支援基金とともに、神奈川で甲状腺エコー検診を始め5年目になります。国が責任をもち健康管理する体制を求めて、経年変化調査を続けて実態を明らかにします。内部被ばくによる「がん」の発症は、数年間の継続調査が必要です。検診活動を継続するため広くPRし、さまざまな支援を広げたいと思います。
もざいくハウス(神奈川県) ◆地域づくり◆
https://ameblo.jp/mosaiclife/
社会的養護で施設に入所中や退所後の子どもたち、精神科を卒業したい方、ひとり親家庭の方が訪れることができる安定した環境をつくります。将来的には、「ただいま」「おかえりなさい」とくらしていける環境やネットワークづくりをめざします。
ずし平和デー実行委員会(逗子市) ◆平和・人権◆
逗子市内で平和について活動している5~10団体が集まり、8月の1週間に、講演会やコンサート、人形劇、映画上映などを行う「ずし平和デー」を開催しています。イベントをとおして、戦争の悲惨さや平和の大切さ、いのちの尊さについて考えてもらえるよう、子どもからおとなまで幅広い年代を対象としています。
芹が谷こども食堂 スナップえんどう(横浜市) ◆子どもの健全育成◆
成長過程の子どもたちにバランスの良い食事を提供します。また、障がいがある方や外国籍の方、子どもから年配者まで多世代の方が集い、おたがいに理解を深める場所を作ります。食堂から助け合いの輪を地域に広げ、思いやりのある町をめざします。
#つながる朝顔プロジェクト(神奈川県) ◆子どもの健全育成◆
https://ameblo.jp/asagao-sakasou/
起立性調節障害は、思春期の子どもに多い病気ですが、あまり知られていません。適切なケアをしないと、うつ状態や引きこもりになる場合もあります。私たちは、ともに朝顔を育てることによって、病気に苦しむ子どもと家族に寄り添います。花の種を自家採取して配布することにより、病気の周知活動をしています。
寺子屋HOUSE(藤沢市) ◆子どもの健全育成◆
https://www.facebook.com/groups/1539892289643861/
寺子屋ハウスは、毎週月曜午後に開館しています。ボランティアが宿題や室内遊び、外遊びに参加します。また夕食会を年2回開催。地域の方も参加するオセロ・将棋大会やすいか割り、花火大会なども行っています。
フードバンクひらつか(平塚市) ◆子どもの健全育成◆
https://foodbank-hiratsuka.jimdo.com/
捨てられてしまう「もったいない」食品を企業・農家・一般家庭から寄付いただき、ひとり親家庭や支援を必要とする団体・個人に無償で提供しています。私たちの活動が、地域福祉への貢献と食品ロスの削減につながることを願っています。将来的には、平塚市外へも支援を広げていきたいと考えています。
NPO法人未来経験プロジェクト(平塚市) ◆子どもの健全育成◆
https://www.facebook.com/miraikeiken/
地域のなかで顔のみえる関係を築き、子どもを育て、課題を解決する土壌づくりを目的として、職業・農業体験、子ども食堂、学習支援を実施しています。一人ひとりが専門性を生かして、子どもを支え、絆を育むことで地域の魅力再発見につながりました。多様な価値を認め助け合い、豊かな地域社会づくりをめざします。
無料塾ひばり学校(相模原市) ◆子どもの健全育成◆
http://hibari-gakko.wixsite.com/hibari
義務教育の勉強についていけない子どもが増えるなど、教育格差が拡大しています。子どもたちに地域のおとなが勉強を教え、教育格差の解消と世代間の交流をすすめたいと活動しています。将来は、相模原市南区に10拠点を作り、地域の進学率向上と、地域の方が子育てに貢献できる社会をめざしています。
NPO法人女神の子どものためのネットワーク会議(横浜市) ◆子どもの健全育成◆
日本各地から里母やリーダー候補者が集まり、女性リーダーセミナーを開催しています。それぞれの実践体験を共有し、事例検証することでリーダーのスキルを身につけます。参加者がそれぞれの地域に戻り伝えることで、地元里母への波及効果が期待できます。
ユッカの会(横浜市) ◆子どもの健全育成◆
http://yukkanokai2014.web.fc2.com/
外国につながる子どもに、ボランティアで 教科や日本語学習の支援をしています。子どもの成長を見守り、保護者が気軽に相談できる隣人として、外国人家族のくらしをサポートしています。
理科で遊ぼう会(相模原市) ◆子どもの健全育成◆
http://tanuq.m37.coreserver.jp/rika/
理科ばなれの改善をめざして、実験で発見したり、ものを作る喜びを子どもたちに体験してもらいます。相模原市立小学校や環境情報センター、公民館、子どもセンターなどで、理科実験や理科の遊びを行っています。会員の工夫に満ちた手作り教材を使用しています。
特定非営利活動法人フードバンク横浜(横浜市) ◆福祉◆
http://www.fbyokohama.jp/
食困窮者への直接支援や、子ども食堂・子育て施設などへ食材提供しています。地元企業からの寄付や横浜中華街や地元洋食屋にも協力いただき、ホームレス支援とひとり親支援を行っています。また、奨学米制度を創設し、各世帯に毎月5kgのお米を提供しています。
要約筆記と手話 ひまわり会(座間市) ◆福祉◆
孤立しがちな聴覚障がい者が、サークルメンバーと交流しながら社会参加し、いきいきと目標のある生活をおくることを目的にしています。ボランティアで地域の学校、障がい者施設、介護施設などを慰問しています。手話ダンスの普及と聴覚障がい者と健聴者が支え合う地域社会となるよう努力していきます。
NPO法人こども達に未来をin湘南(神奈川県) ◆東日本大震災被災者支援◆
https://www.facebook.com/NPO法人こども達に未来をin湘南-1787759061515646/
子どもたちの明るい未来に寄与することを目的に、健康で安心して過ごせる環境と社会を作るために活動しています。これまで毎年2回以上の保養事業を16回実施しました。
福島子ども・こらっせ神奈川(横浜市) ◆東日本大震災被災者支援◆
http://blog.korasse-kanagawa.org/
福島の子どもたちを神奈川県に招き、保養プログラムを行っています。学生ボランティアや山北町の小学生にも保養に参加してもらうことで地域の活性化も図っています。子どもたちの健康ために、定期的な甲状腺検査の実施を国・自治体へ要請していきます。

関連ニュース

市民のつながりで地域課題を解決「市民活動応援プログラム報告・交流会」を開催しました

2018年5月31日、横浜市中区・ラジオ日本クリエイト会議室で「市民活動応援プログラム報告・交流会」を行いました。

詳しくはこちら

楽しく交流する市民活動団体のみなさん

〜2017年度市民活動応援プログラム〜「支援金引渡し式」を開催しました

2017年12月13日、パルシステム神奈川ゆめコープ新横浜本部にて2017年度市民活動応援プログラム支援金引渡し式を行いました。18団体の代表者に対して総額400万円の支援金が引き渡されました。

詳しくはこちら

支援金助成団体のみなさんと