2030をデザインしよう

今年度、生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープでは、2030年ビジョンを策定します。
組合員の組織である生活協同組合の描く長期ビジョンは、企業戦略と違い、 生協にかかわる一人ひとりのライフビジョンと密接に結び付くものです。
いっしょに2030年の生活を、社会を、そして、自分自身のライフスタイルを、デザインしませんか?
 「2030年、自分はこうなっていたい」
 「2030年、こういう社会であってほしい」
 「2030年、こんなことができたら楽しい」
など、様々な意見やアイディアをお待ちしております。

2030年ビジョンへのご意見

2030年ビジョン“1次案”ができました♪

テーマ
だれもが認めあい、ともにいきる地域づくり

めざす姿
くらし・福祉
一人ひとりが、地域社会とつながり、自分らしく生きていける社会をつくっています。
食と農
一人ひとりが、つくる大切さ、たべる大切さ、えらぶ大切さを理解し、日本の農林水産業を守っています。
環境
一人ひとりが、子どもたちの未来のために、限りある資源を大切にし、地球環境を守っています。
平和
一人ひとりが、「いのちの大切さ」を尊重し、安心してくらせる社会をつくっています。

2030年ビジョン(1次案) アンケート

【参考】「めざす姿」に向けた推進のイメージ(例)

下記はビジョン論議の中ででてきた、具体的なキーワードの一部の例です。2030年ビジョン推進のための具体的な施策は、ビジョン策定後に、中期計画等で検討していくことになります。
くらし・福祉
  • 子どもの居場所づくり、ケアプラザ、多世代の交流の場づくり。
  • ステーションパルの地域への展開、コミュニティづくり
  • 子ども食堂やフードバンクなどをつうじた、支え合いの仕組みや接点の拡大。
  • 高齢者の活躍の場づくり
  • 健康づくり
  • 生涯教育、シニアの学び直し
食と農
  • 食育活動/レシピ開発
  • 一人ひとりの生涯のくらしに寄り添える、食育活動やレシピ開発。
  • 「つくり手」との交流、理解の促進と「つくり手」を多様な形で応援できる新たな仕組みや機会。
  • 学校給食への展開、弁当宅配事業、レストランなど、食育を大切にし、食文化を広げるさまざまな活動の開発・検討。
  • 食品ロスへの対策をはじめ、食文化と自然環境を守る取組の推進。
  • 新たな、注文方法、配送方法の検討
環境
  • “プラスチック文化”からの転換。容器包材の削減、リユース容器の検討。
  • 再生可能エネルギーの普及促進
  • 行政や企業、他団体と連携した環境イベントの展開、社会的な環境啓発活動
  • SDGs出前授業や研究会など、SDGsの社会的推進
  • 環境負荷低減のための、新規アイディアの発掘、検討
平和
  • 平和交流、平和学習の継続した実施
  • さまざまな対象へのスタディツアー開催の検討
  • 核兵器廃絶、平和を求める署名活動等の展開
  • 国際交流・国際理解の促進
  • 差別の撤廃、人権擁護に関連する学習会などによる啓発
  • 貧困、生活格差の是正に向けた学習や施策の検討

資料集の発行~キックオフシンポジウムの概要掲載

2030年ビジョンを考えるためのヒントときっかけの詰まった資料集を作成しました。こちらの資料集には、2019年7月2日にかなっくホールにて開催しました、キックオフシンポジウムでの牧野先生(東京大学)と高木先生(慶應義塾大学)の講演の概要も掲載されています。
人生100歳時代というのは、50歳以上の人口が半数以上を占める社会。そうした際に働き方はもとより、教育のありかたや地域での人の繋がり方など、あらゆる面で大きな変化への対応が私たちに求められてくると話していただいた牧野先生の講演。そして、2030年を目標とするSDGsの本質的な狙いはなにか、地球環境問題をはじめ貧困や飢餓などの世界的な危機は、私たちの暮らし方の問題でもあり、行政、NPO、民間企業、等、あらゆる組織が連携して対処していかなければならないと説く高木先生。いずれも、2030年を考えるうえでの大事な問題提起をしていただいています。

冊子の内容は下記より電子ブックにてご覧いただけます。

資料集-2030年ビジョンを考えるためのヒントときっかけ(電子ブック)

冊子本体をご希望の場合は、ページ下部の問合せ先まで、①組合員名②組合員番号③送付先住所をご連絡ください。

NEW シンポジウムをお聞きになった方からの質問に後日、ご回答をいただきました。下記リンクにQ&Aを掲載いたします(PDFファイルが開きます)。

2030年ビジョンキックオフシンポジウムQ&A(後日回答分)

2030年ビジョン策定のスケジュール

2030年ビジョンは下記のスケジュールで検討してまいります。策定途中経過は順次更新してまいります。

  
7月2日 ビジョンキックオフシンポジウム
8~9月 ビジョンに対する「ゆめ」や「想い」の集約
11月 総代会議(上期報告会)にて“0次案”検討
12月 ビジョン0次案に対する意見集約
20年2月 総代会議(次年度方針検討会)“1次案”検討
20年5月 総代会議(議案説明会)にて“最終案”を検討
20年6月 総代会 2030年ビジョン案を議決

お問い合わせ・連絡先

2030年ビジョン策定タスク事務局
TEL:045-577-3533