介護保険サービスの申請からご利用まで

介護保険サービスを利用するための、流れ・手続きについてご紹介します。

介護保険サービスを利用するには、以下のような流れ・手続きになります。
詳しくは、ぬくもり各事業所、またはお住まいの行政の介護保険課・高齢福祉課等にお問い合わせください。

1

申請

  1. 介護が必要と感じたときは、まず、要介護(要支援)認定を受けることが必要です。
  2. 要介護(要支援)認定を受けるためには、市の担当窓口に申請書と介護保険の保険証を添付して申請します。
  3. 申請は、本人または家族が行いますが、申請にいくことができない場合などは、成年後見人、地域包括支援センター職員、ケアマネジャーなどに代行してもらうことができます。
2

調査

  1. 担当者や委託を受けた調査員がご家庭を訪問し、心身の状態などを調査します。
  2. 主治医が病気や負傷の症状をまとめた意見書を作成します。

※意見書にかかる費用は行政が負担します。

3

審査

介護認定審査会がコンピューターによる判定及び調査票の特記事項、主治医意見書に基づき、保健・医療・福祉などの専門家からなる介護認定審査会で、要介護度を審査・判定いたします。

4

認定

原則として、申請から30日以内に、市から認定結果通知と結果が記載された保険証が届きます。

要介護
状態区分
利用限度額の目安
(相模原市の場合)
利用できるサービス
自立(非該当) 0円 介護保険サービスは利用できませんが、行政が行う介護予防事業に参加することが可能です。
要支援1 50,030円 介護予防サービス(予防給付)を受けることができます。要介護状態が軽く生活機能が改善する可能性が高い人などが受けるサービスです。
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円 介護サービス(介護給付)を受けることができます。日常生活で、介助を必要とする度合いの高い人で、生活の維持・改善を図るためのさまざまな介護サービスを利用できます。
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

表の金額の1割が原則自己負担分となりますが、一部、収入に応じて2割の場合があります。
お住まいの地域・サービス内容によって、自己負担が変わります。

5

介護(介護予防)サービス計画作成

要支援1・2の方
地域包括支援センターで、保健師などと相談して、介護予防サービス計画(介護予防ケアプラン)を作成し、利用するサービスを決定します。
要介護1〜5の方
在宅サービスと施設サービスのどちらを利用するか選択し、介護支援専門員(ケアマネジャー)と介護サービス計画(ケアプラン)を作成して利用するサービスを決定します。
※介護サービス計画作成には、利用者負担はありません。
6

サービスの利用

利用するサービスが決まったらサービス提供事業者か施設と利用の契約をします。利用者負担は費用の1割(または2割)です。介護(介護予防)サービスを利用する人は、サービスを利用した際に、かかった費用の1割(または2割)を支払うことになります。施設サービスを利用する場合、介護サービス費用の1割(または2割)のほかに、食費や部屋代、理美容などの日常生活費が必要となります。

サービスの詳細は最寄りの事業所にお問い合わせください。

パルシステムの福祉「ぬくもり」事業所のご案内