イベント・講座のご案内

協同組合とは?~ユネスコ無形文化遺産に登録された理由~

一般参加可 全エリア WEB/FAX/電話
募集中
WEB締切日
2017 04/02

概要

協同組合のユネスコの無形文化遺産登録

昨年の11月、協同組合がユネスコの無形文化遺産に登録されました。決定にあたってユネスコは、協同組合を「共通の利益と価値を通じてコミュニティづくりを行うことができる組織であり、雇用の創出や高齢者支援から都市の活性化や再生可能エネルギープロジェクトまで、さまざまな社会的な問題への創意工夫あふれる解決策を編み出している」としています。

“協同組合の父”と呼ばれる、賀川豊彦(かがわとよひこ・1888~1960)

雲柱社(賀川豊彦の設立した社会福祉法人・公益財団法人)の創設70年を記念して2014年に制作されたビデオ。賀川豊彦の思想と生涯が紹介されています(8:15)

現代の日本生活協同組合連合会、日本コープ共済生活協同組合連合会、日本労働組合総連合会、日本労働金庫協会、全国大学生活協同組合連合会、全国漁業協同組合連合会、全国厚生農業協同組合連合会、国際平和協会、中ノ郷信用組合、など、これら協同組合の原則にもとづいて運営されている団体の礎を築いた人がいます。それが、“協同組合の父”と呼ばれる賀川豊彦(1888~1960)です。 キリスト教の洗礼を受けた賀川は、若き日、神戸のスラムに身を投じて貧しい人々の救済に専念し、「貧民街の聖者」として日本よりもむしろ世界的な知名度が高く、アメリカでは、「世界の三大偉人」としてガンジー、シュバイツァーと並び称されることもあります。ノーベル平和賞候補にも4度推薦されました。

協同組合が社会にもたらす価値 役割について

協同組合の地域社会への貢献、持続可能な未来のための行動が、国際社会からの評価と期待になっています。
「賀川豊彦記念館 松沢資料館」から理事長の加山久夫氏をお招きし、賀川豊彦の思想と生涯の活動と合わせ、協同組合のもつ価値とその役割について、お話しいただきます。
日頃「便利だから」「安心だから」利用している商品や、参加している様々な活動が、どのような背景の元行われ、またどういう社会づくりに役立っているのか、あらためて学んでみませんか。
組合員でなくてもどなたでも参加できます。お気軽にご参加ください。

備考

講師

加山久夫(かやまひさお)氏。 賀川豊彦記念松沢資料館理事長、日本基督教団横浜上倉田教会牧師、明治学院大学名誉教授。 共著に「賀川豊彦を知っていますか―人と信仰と思想」(教文館 2009/05)など

賀川豊彦記念松沢資料館のご案内

公益財団法人賀川事業団雲柱社の運営する賀川豊彦記念松沢資料館では、20世紀を駆け抜けた、世界的にも稀有な人物、賀川豊彦の思想と実践とを後世に伝えるため、賀川豊彦に関係する資料の蒐集、公開、研究活動を続けています。 資料館の主な活動は、常設展示(原資料とパネルによる)、特別展示(不定期)、レファレンス、資料蒐集、出版(「雲の柱」等の刊行)、および団体向けセミナーです。
  • 開館時間:10:00~16:30(入館は4時まで)
  • 休館日: 日曜日、月曜日、夏期、年末年始(月曜日が祝祭日の時は翌火曜日が休館)そのほか展示替え期間など
  • 入館料:一般300円/小、中、高校生、シニア、障害者200円
  • アクセス:京王線「上北沢駅」下車徒歩3分
  • リンク:松沢資料館ホームページ

概要

日時

2017年4月4日 10:00~12:00 開場:9:30

会場

横浜市スポーツ医科学センター 2階 大研修室
■JR横浜線・東海道新幹線「新横浜駅」北口下車徒歩15分
■横浜市営地下鉄「新横浜駅」下車8番出口(日産スタジアム方面)徒歩15分
■JR横浜線「小机駅」下車徒歩15分
会場アクセス
  • 保育について
  • 個人情報の取り扱いについて

アクセスマップ