イベント・講座のご案内

子どもの甲状腺エコー検診

今年度も子どもの甲状腺エコー検診実施します。(12月横浜南センターで実施)

組合員または福島県からの避難者(震災時小学生以下) 全エリア WEB・FAX・はがき
募集中
WEB締切日
2018 11/19

概要

東京電力福島第一原発の事故から7年半がたちましたが、福島県の県民健康調査では、いまだに多くの子どもたちから甲状腺がんが見つかっています。 関東圏でも2011年3月当時、放射性物質を含む放射性プルーム(微細な放射性物質が、大気に乗って煙のように流れていく現象)が通過したとの報告もあり、神奈川県内でも放射能の影響を心配する声があがったことから、当組合では2015年度から子どもの甲状腺エコー検診」を実施しています。

5年目となる今年度は10月、12月、2月の3回に分けて甲状腺検診を実施予定です。
※今回は12月8日・9日開催分の募集を行います。2月開催分は別途募集します。

◆12月【横浜南センター】(最寄駅:金沢シーサイドライン福浦駅 駅前)
◆2月【大和センター】(最寄駅:小田急・相鉄「大和駅」より徒歩11分)

2016年度甲状腺検診の様子

備考

記載事項
①企画名 ②所属センター ③組合員番号 ④名前(ふりがな) ⑤〒住所 ⑥電話番号 ⑦メールアドレス ⑧受診人数、⑨受診される方のお名前とふりがな、生年月日(西暦)、これまでの受診の有無と、 

⑩受診を希望される、日程と時間帯(午前[10:00~13:00]・午後[14:00~17:00])を第3希望まで、お知らせください(希望されました時間帯の中から30分単位で受付時刻をご案内させていただきます。検診の時間は5~6分程度ですが、待ち時間等ふくめまして1時間程度かかります)。

※ 受診対象者は、1998年4月2日2011年12月31日に生まれたお子さんとなります。
 (震災寺に小学生以下だった方)

 震災時福島に居住していたお子さんは、組合員のご家族でなくても受診できます。

下記をクリックすると地図が開きます。 横浜南センターへのアクセス

※この甲状腺エコー検診は全くの自主的な取組みですので、健康保険をはじめとした公的支援は一切ございません。協力していただける医師もボランティアで参加いただいております。 そこで、組合員からも運営協力いただけるスタッフを募集します。受付などの簡単な案内をお手伝いいただけると助かります。詳細は、下記よりボランティア募集サイトをご覧ください。
ご協力のほどよろしくお願い致します。

子どもの甲状腺エコー検診ボランティア 募集

 

※参加費の一部はパルシステム主催「福島の子ども保養プロジェクト」に寄付させていただきます。

  • 個人情報の取り扱いについて

アクセスマップ

関連レポート

今年度の甲状腺検診の開始にあたり、放射能被害について考えるイベント「『残されし大地』上映&『おしどり』講演会」を開催します。
【『残されし大地』の物語】福島第一原発から約12キロ離れた、福島県双葉郡富岡町。3.11以後、町に残された動物を保護し育てる為、自分の故郷・富岡町に残る事を決めた松村直登。お彼岸の墓参りで“来年こそ”は故郷への帰還を先祖に誓う佐藤夫妻。淡々と進んでいく日常生活の中で、彼らが自然体で紡ぐ言葉の中に“ある日”を境に、かつての故郷を失った人間たちの今とこれからが見えてくる。
【おしどりマコ・ケン】原発事故後の取材をつづける、吉本芸人“おしどり”のマコさんとケンさん。軽快な話の中から、事故後の行政と東電、そして福島の現状についてお聞きします。