ニューステーマ:イベントレポート

2018/09/13
イベントレポート

地域祭り「OPENパルおだわら」を開催しました

9月9日、おだわら市民交流センターUMECOにて「OPENパルおだわら」を開催し、285名の方にご来場者いただきました。

「OPENパルおだわら」の開催に向けては、西湘・県西エリアで活動する組合員が実行委員となり、“エシカルでよりよい未来!みんな笑顔♪”をテーマに、企画内容を検討。メーカー、産直産地、地域団体の協力のもと開催できました。

試食や交流をとおして"エシカル"を実感!

今回のお祭りでは、地元小田原から産直産地(有)ジョイファーム小田原、愛甲郡の産直たまごの産地、神奈川中央養鶏農業協同組合など、5つの産地・メーカーが出展しました。
商品の販売・試食が多く用意され、(株)パルブレッドのパンや(株)パル・ミートの豚肉(日本のこめ豚)といった試食を、笑顔で味わう来場者の姿が多く見られました。

 来場者のみなさんで会場はにぎわいました

(有)ジョイファーム小田原のブースでは、梅干やブルーベリージャムといった製品のほか、摘果の際に出る皮が緑の状態のみかん、通称“緑(あお)みかん”(レモンと同様の使い方ができます)が販売され、(株)ジャパンビューティプロダクツは、化粧品をお買い得価格で販売するなど、特色あるブースが並び、来場者のみなさんは、産地やメーカーの方々と交流しながら、商品のこだわりを実感しました。

「緑(あお)みかんシロップ」のお味は?

交流をとおして商品への理解が深まります

未利用資源を活用した商品開発や資源循環型農業のことなど、各ブースではそれぞれが取り組む“エシカル”なポイントも掲示され、商品や取り組みに理解を深める機会になりました。

体験やクイズも大人気でした

イベントコーナーでは、当組合のコミュニティ活動の集団一時保育すまいるによる「お魚釣りゲーム」や、石けんについて楽しみながら学ぶことができる、PLA(パルシステム・ライフ・アシスタント)による「石けんクイズ」も人気でした。

地域で活動する市民団体 森谷工房による(小田原・南足柄の木や実を使って工作しよう!)、NPO法人フラワーセラピー研究会による「ハーバリウム・フラワーアレンジメント体験」には、子どもたちが夢中で取り組み、自然の素材を使ったものづくりの楽しさを実感しました。

○×クイズで石けんのよさを知ろう!

木工細工、作りました!

すてきなハーバリウムができました

フードドライブへのご協力、ありがとうございました

ご来場いただいたみなさんは、楽しみながら、パルシステムの“エシカル”な魅力を再発見できたのではないでしょうか。

■OPENパルおだわら出展ブース
【産地メーカー】

(有)ジョイファーム小田原、神奈川中央養鶏農業協同組合、(株)ジャパンビューティプロダクツ、(株)パル・ミート、(株)パルブレッド、
【市民団体など】
NPO法人小田原食とみどり 農の学校 ハーブ倶楽部(ハーブクラフト販売)、NPO法人フラワーセラピー研究会(平塚)(ハーバリウム・フラワーアレンジメント体験)、朱鷺乃暦(ときのこよみ)(手相鑑定)、フードバンクかながわ(フードドライブ)、森谷工房(小田原・南足柄の木や実を使って工作しよう!)、NPO法人フラワーセラピー研究会(ハーバーリウム・フラワーアレンジメント体験)、『いいね! かながわ』取り扱い商品の試食販売
【パルシステム神奈川ゆめコープ コミュニティ活動など】
PLA(石けんクイズ)、平塚センター(共済、ヒバクシャ国際署名、ボディシール)、パルシステム電力(発電体験)、集団一時保育すまいる(お魚釣りゲーム)、「いいね!かながわ」ブース(試食、販売)

~ご参加、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!~



※このあと、9月22日(土)「よこすかセンター祭り」、10月27日(土)「ウキウキ 秋のみやまえまつり」と、お祭りを予定しています。 →http://www.palsystem-kanagawa.coop/archive/20180903_3
こちらも、ぜひお楽しみにお待ちください!

イベント情報はこちらから(イベント一覧)
ほかのニュースを見る(新着ニュース一覧)