ニューステーマ:ニュース

2018/09/12
ニュース

「消費者契約法施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」等に関する意見書を提出しました

9月11日、パルシステム神奈川ゆめコープは、「消費者契約法施行規則の一部を改正する内閣府令(案)」等について、消費者庁制度課に対して意見書を提出しました。

消費者庁にて、改訂に向けた準備がすすめられている、適格消費者団体及び特定適格消費者団体の適正な業務運営を確保するため内閣府令(案)及び 特定適格消費者団体の認定、監督等に関するガイドラン(案)に関して、下記の内容を求める意見書を提出しました。

1.現行の消費者契約法で法定している以上の監督厳格化を行うべきはありません。
2.適格消費者団体の実情をふまえ、継続的な財政支援をしてください。

意見書の全文は下記からご覧いただけます。

適格消費者団体等への適正な業務運営を確保するための内閣府令(案)及びガイドライン(案)に関する意見書(PDF)