ニューステーマ:ニュース

2018/09/10
ニュース

「相模原市総合防災訓練」に相模センターのこんせんくんトラックが参加しました

9月2日、相模原総合補給廠(相模原市中央区)で行われた「相模原市総合防災訓練」に、相模センター職員とこんせんくんトラックが参加しました。

行政、地域の団体ととともに防災の備えの大切さを実感

当組合も一員となっている相模原市生活協同組合運営協議会は、市との防災協定に基づき、相模原市総合防災訓練に参加しています。

今年は、当組合の相模センターから、こんせんくんトラックと職員2名が「救援物資輸送訓練」に参加。こんせんくんトラックに積んだ物資を、参加団体といっしょに積み下ろす訓練を行いました。

第39回九都県市合同防災訓練として、行政と自衛隊、在日米陸軍、その他防災関連機関、および市民とが連携して実施されたこの訓練は、大地震を想定したものとなっており、はしご車を使った救出や、救護人員の投入に航空機(ヘリ)が登場するなど、大掛かりな訓練に来場者は見入っていました。

会場では、併せて「防災フェア」も行われ、パネルを使った消火体験や、煙体験などの訓練に家族連れで参加する姿もありました。

ときおり雨がぱらつく中でしたが、参加されたみなさんとともに、日頃の備えと災害時のチームワークの大切さを確認し合う機会になりました。

イベント情報はこちらから(イベント一覧)
ほかのニュースを見る(新着ニュース一覧)