ニューステーマ:プレスリリース

2018/08/21
プレスリリース

吉本興業所属「おしどり」マコ&ケンの原発事故講演も 震災被害を風化させない ドキュメンタリー上映

9月24日(月・祝) ビジョンセンター横浜で、原発事故後の福島に生きる人々を描いたドキュメンタリー『残されし大地』の上映と、原発事故の取材活動を続ける芸人「おしどり」マコ&ケンの講演を行います。

子どもの甲状腺エコー検診キックオフイベント

パルシステム神奈川ゆめコープは原発事故以降、子どもをもつ保護者からの放射線被ばくを心配する声にこたえて、地域の医師と技師、組合員ボランティアの協力のもと、「子どもの甲状腺エコー検診」を実施しており、今年も10月から県内3カ所で実施します。今回の企画は子どもの甲状腺エコー検診のキックオフとして行います。

フクシマの今

帰還困難区域に指定された富岡町にとどまる人と動物たちをベルギー人監督ジル・ローランが描いた映画『残されし大地』の上映を行います。また原発事故以降、東京電力が行ってきた記者会見の最多出席者で、その結果をメディアに発表してきた芸人「おしどり」マコ&ケンによる講演を行います。
ほかにもパルシステム神奈川ゆめコープは震災被災者支援として被災地スタディツアーや「福島の子ども保養プロジェクト」に取り組んでいます。

ベルギー人監督が見た福島&おしどり講演会
『残されし大地』上映&講演

【日時】
9月24日(月・祝)13時30分~16時30分

【会場】ビジョンセンター横浜(横浜駅西口より徒歩5分)

【費用】無料

【申込み】
パルシステム神奈川ゆめコープホームページ イベント情報「『残されし大地』上映&『おしどり』講演会(甲状腺キックオフ学習会)よりお申し込みください(受付締め切りは9月14日)。

ジル・ローラン監督が見つめたフクシマ

原発事故後の取材を続ける 「おしどり」マコさん、ケンさん

お問い合わせ

パルシステム神奈川ゆめコープ 機関運営部 広報課

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル3F

TEL:045-470-1154(月〜金9:00〜17:00)