ニューステーマ:お知らせ

2018/03/05
お知らせ

年に1度の予約登録! 『神奈川のすくすくパン豚』の受付を開始します

『神奈川のすくすくパン豚』とは、パルシステムのパンの製造時にどうしてもでてしまうパンの余りを豚の飼料に活用し、神奈川県の清川村で育てられた豚です。資源循環型の地産地消商品として神奈川の組合員限定でお届けしています。

みんなの思いがカタチになった「パン豚」

当組合での「パン豚」の取り組みは、“(株)パルブレッドでパンの製造時に出てしまう余剰分のパンを無駄にしたくない”というパルシステムの思いを発端に、神奈川県の産地で豚の飼料に有効活用する資源循環型の取り組みとして2011年に開始しました。
2015年度からは自然豊かな清川村の産地、(有)山口養豚場で「パン豚」の生産が行われています。

※『神奈川のすくすくパン豚』について、詳しくはこちら⇒商品図鑑『神奈川のすくすくパン豚』(2017年3月掲載分)

予約登録で県内産地応援

事前に購入を約束することで“安全な食べ物”を“食べたい”組合員と“作りたい”生産者とで支え合うしくみです。豚1頭分の部位を登録いただいた組合員のみなさんで分かち合って無駄なく利用します。組合員が継続利用することで生産者は安心してこだわりのパンの生産に取り組むことができます。資源を無駄にしない地産地消の取り組み商品です。

ご登録いただくと、4月より4週に1回お届けします。年に1度のこの機会にぜひ、ご登録ください。
※登録者限定の交流会なども開催を予定しています。

『神奈川のすくすくパン豚』紹介チラシ
ご登録受付期間:3月3回(3/12~3/16)の1回のみ!!

3月3回の商品カタログと同時に上記「いいね!かながわ・増刊号」チラシが入っています。
上の画像をクリックするとチラシの詳細がご覧いただけます。

  

【関連記事】
「神奈川のすくすくパン豚バーベキュー登録者限定交流会」を開催(2017年8月23日開催)
「『神奈川のすくすくパン豚』登録者限定 資源循環ツアー」を開催(2018年2月23日開催)