産地交流

多くの組合員が活動を広げ、地域社会で力を発揮しています。

公開確認会・監査人講習会

パルシステムでは、利用者(消費者)の代表が監査人として参加する「産地の公開確認会」を通じて「自分たちの目で確かめる」を実現しています。

公開確認会について

公開確認会とは、農畜産物の栽培、出荷、ほ場管理などの工程を組合員自身がチェックし、透明性ある生産・流通体系を確認するしくみとして、1999年から実施しているパルシステム独自の取り組みです。
北は北海道「JAふらの」から南は熊本「田浦マルタ」、さらにバランゴンバナナの産地フィリピンまで、その取り組みはさまざまな産地へ広がっています。 生産状況などを正確に把握するため、組合員は事前に「監査人講習会」を受講してから産地に赴きます。そして生産者に栽培データなどを公開してもらい、「監査マニュアル」に従い確認会を行っています。
生産者にとっては、栽培基準、栽培履歴、ほ場台帳など、公開確認会のために整備するデータは膨大でその負担も大きいのですが、その努力や価値を客観的に認められ、利用者の顔や声が聞ける貴重な場でもあります。
パルシステムでは、利用者(消費者)の代表が監査人として参加する「産地の公開確認会」を通じて「自分たちの目で確かめる」「食の安全性確保」を実現していきます。

畜産の公開確認会の様子
(ノーザンび〜ふ産直協議会)

栽培履歴など生産者に直接確認できます
(JAみどりの)

監査人講習会って?

組合員が、日々食べているものを、自分で直接産地に足を運んで確認することは、他生協でも、ましてやスーパーでは難しいことです。パルシステム独自の取り 組みである公開確認会にぜひ参加してください。そのための学習会として「初級監査人講習会」「中級監査人講習会」があります。受講後は、公開確認会に行って、自分の目で産地の取り組みを確かめてみてください。
「初級監査人講習会」では、パルシステムが取り組む産直についての紹介やグループワークをとおして、監査人としての心構えを学んでいただきます。

組合員なら誰でも参加できます
初級監査人講習会の様子

生産者・消費者交流会

生産者と組合員が意見交換し交流することで、日本の農業やパルシステムの産直の理解と共感を広げることを目的に、毎年交流会を開催しています。

生産者・消費者交流会

毎年3月、パルシステムグループの年に1度の生産者と消費者の大交流会として、各会員生協にて県別交流会を開催しています。この交流会には、青果や卵・肉・牛乳などの畜産、米など、さまざまな商品の生産者が日本全国から参加します。産地のこだわり、商品や農業のことなど、生産者から直接話を聞ける貴重な機会であり、毎回多くの組合員が参加しています。

青年農業者交流会

2年に1度、全国の産直産地の若手生産者が集まり、各会員生協に分かれて組合員との交流会を行っています。交流会では組合員といっしょにランチを作って楽しく交流するなど、毎回趣向を凝らした交流を行っています。

女性生産者交流会

2年に1度、全国の産直産地の女性生産者が集まり、各会員生協に分かれて組合員との交流会を行っています。産地や農畜産物、日々のくらしのことなど、終始笑顔が絶えない楽しい雰囲気の中で語り合われ、生産者と消費者、相互理解の深まる交流会となっています。

※青年農業者交流会と女性生産者交流会は1年ごとに交互に開催されています。

産地協議会

3つの産地協議会との連携を通じて、環境保全・資源循環型農業の推進、産地・消費者両者の地域発展に貢献していきます。

小田原食と緑の交流推進協議会

2002年、生産者と消費者で持続可能な社会づくりに向けた地域活性化の拠点づくりをめざすために「小田原食料と農業に関する基本協定」を締結し、協議会を設立しました。
食料の自給と安定、持続可能な農業をめざすとともに、「農」を通じた「食育」「環境」「食のあり方」を問い、都市と農村の新たな交流をすすめるものとして、農業体験などの各種事業を展開しています。
「農の学校」(たんぼ・はたけ・果樹・ハーブの4コース)では、本格的な農業体験をすることもできます。
詳しくはNPO法人 小田原食とみどりのHPをご覧ください。

NPO法人 小田原食とみどり

交流:オニオン祭、ブルーベリー収獲体験

産地ゆかりの商品:青果

宮城みどりの食と農の推進協議会

2009年に「宮城みどりの食と農に関する協定」を締結し、協議会を設立しました。当組合と「JAみどりの」は、生産者と消費者が一体となって、資源循環型・環境保全型社会を構築し、心豊かで快適な生活空間を創造するためにさまざまな交流を行い、両者の地域発展に寄与する取り組みを展開しています。

【季節ごとの交流】
春:田植え
初夏:草取り
秋:稲刈り
冬:冬の交流

産地ゆかりの商品:「エコ・宮城ひとめぼれ(無洗米)5kg」

花巻食と農の推進協議会

2008年、「食料と農業に関する協定」を締結し、協議会を設立しました。当組合と花巻農業協同組合は、1994年より産地交流事業を行うなかで、化学合成農薬や化学肥料に頼らない安全・安心な農産物を介し、産地と消費者が直接結びついた事業と運動をすすめてきました。この運動をさらに深化・発展させ、農を中心にした新たな交流事業により、お互いの地域発展に寄与していきます。

【季節ごとの交流】
春:田植え
初夏:草取り
秋:稲刈り
冬:冬の交流

産地ゆかりの商品:「いわて花巻・神奈川ゆめコープ交流玄米」、「エコ・岩手ひとめぼれ(無洗米)5kg」

県内産地交流・農商工消連携

資源循環型・環境保全型の地域づくりをめざし、生協が地域を支えあうしくみづくりのきっかけになれるよう、県内産地交流をすすめています。

個性豊かな各産地とのさまざまな交流企画では、参加した組合員のみなさんから「こんな近くに産地があったんだ」「知らなかったことがたくさんあった」など、驚きの声が多く寄せられます。ふだん口にしている商品がつくられる背景を生産者から直接聞くことができる貴重な機会でもあります。

交流県内産地

ジョイファーム小田原(小田原市)
パルシステムグループ全体で、とても長い付き合いになります。当組合と(有)ジョイファーム小田原が中心になり設立した「小田原食と農の交流推進協議会」の「農の学校」(たんぼ・はたけ・果樹・ハーブの4コース)では、本格的な農業体験をすることもできます。

産直商品:青果

交流:オニオン祭、ブルーベリー収獲体験

小川和男養鶏場(相模原市)
パルシステムグループで古くから取引があります。卵はパルシステムへの供給のほか、農場での小売など、地域に密着した養鶏経営をしています。

産直商品:産直たまご

交流:小川さんの呼びかけではじまった、耕作放棄地を活用した農業体験と卵の交流企画

岩崎農園(横浜市瀬谷区)
2011年に産直産地となった、家族経営の農園。化学合成農薬・化学肥料をできるだけ使わない、土づくりにこだわった農法に取り組んでいます。

交流:青果等の収獲体験

神奈川中央養鶏農協(愛甲郡)
「宮ヶ瀬ダム」に近い豊かな自然環境の中で、15件の養鶏農家が力を合わせてよい卵の生産に取り組んでいます。

産直商品:産直たまご、こめたまご

交流:農場・卵のパック詰め工場見学交流会

三浦半島EM研究会(三浦市)
EM(Effectiv Microorganisms有用微生物群)とは、植物によい働きをしてくれる善玉菌を集めた有用微生物群。これを使った土づくりで化学合成農薬・化学肥料に頼らずに農産物を育てています。

産直商品:青果

交流:野菜の収獲体験

神奈川県漁連(三浦郡)
山から豊富な栄養が流れ込む葉山町の港です。当組合では初めての漁業生産者との交流です。

交流:わかめを通じた交流(種付け体験、収獲体験)

山口養豚場(愛甲郡)
豚がストレスを感じにくい環境(自然に近い飼養形態・衛生管理)での養豚に取り組んでいます。

産直商品:当組合限定『神奈川のすくすくパン豚』(予約登録制)

2016年度下期『神奈川のすくすくパン豚』(予約登録制)のお届けスケジュールと商品内容はこちらから(PDFが開きます)

交流:予約登録者とのバーベキュー交流会

県内生産者・消費者交流会「いいね! かながわ食べよう会」

パルシステム取り組む「ほんもの実感! くらしづくりアクション」。「ほんもの」の価値を知るためには、生産者やメーカーと直接ふれあい、商品づくりの物語を共有することが大切だと考えます。また、当組合では地元の産業を応援し、地域づくりをすすめる地産地消を推進しています。これらの思いをもとに、県内の生産者・メーカーと消費者(組合員)が交流する機会「いいね! かながわ食べよう会」を開催しています。

農商工消連携の取り組み

「農商工消連携」とは、県内で連携をとり、お互いの資源を活用して新しい商品や事業を生み出していく取り組みです。(有)ジョイファーム小田原、共生食品(株)、神奈川中央養鶏農協、(株)カジノヤという神奈川県内の産地、メーカーとパルシステム、そして消費者である組合員が共同で、2012年度より取り組みをはじめました。
納豆メーカーのカジノヤと当組合が共同実験農場として借りている川崎市麻生区の耕作放棄地では、神奈川中央養鶏農協の鶏糞肥料を使い、組合員も参加して津久井大豆を栽培。『つながるゆめ納豆』として商品化されました。また、神奈川中央養鶏農業協同組合で出た鶏糞は肥料として、(株)カジノヤの津久井大豆栽培に使われるほか、(有)ジョイファーム小田原の野菜栽培に活用されることなど、県内産地・メーカー同士も、連携を強めています。

産地つうしん

当組合と交流の深い「ジョイファーム小田原」「JAいわて花巻」「JAみどりの」の、産地ブログです。産地ならではの美しい風景や、生産者の様子を垣間見ることができます。

「産地つうしん」ブログ

関連リンク