市民活動応援プログラム

市民活動応援プログラムとは、神奈川県内で活動するNPO法人や市民活動団体を資金面で応援する制度です。「市民活動支援金」と「賛助金カンパ」で支援し、市民が主体となった元気な地域づくりへの貢献を目的としています。

市民活動応援プログラムの概要

支援金の制度は2000年度から始まりました。支援金はパルシステム神奈川ゆめコープの剰余金から「社会貢献支援積立金」として積み立てた一部が原資となります。市民活動支援運営委員会による支援先団体の選考過程では組合員も選考補助委員として参加しています。
2016年度までに、337団体に対して、総額6,603万円を支援しました。

市民活動応援プログラムのしくみ

2016年度市民活動応援プログラムのスケジュール

2016年度市民活動応援プログラムスケジュール

賛助金カンパ

組合員が市民活動団体に、カンパというかたちで直接応援できるシステムです。賛助を受けた団体からは「地域で応援されている」という自信にもなり、喜ばれています。
2015年度までの14年間に452万8,000円のカンパが寄せられました。

2016年度は、2016年10月24日〜28日に「賛助金カンパで身近な地域の市民活動を応援しよう!!」のお知らせチラシを配付し、賛助金カンパの対象となる市民活動団体の活動内容を紹介しました。その結果、591名の組合員より26万5,200円のカンパが寄せられ、2017年2月10日に対象の25団体へ送金しました。

2016年度市民活動支援金 支援先団体のご紹介

2016年度市民活動支援金 支援先団体の一覧はこちらから(PDFが開きます)

2016年度市民活動支援金の支援先団体を紹介します。ホームページ・ブログのURLをクリックしていただくと、各団体の活動の様子がご覧いただけます。

◎NPO法人子どもと共に歩む フリースペースたんぽぽ(横浜市鶴見区) ◆子どもの健全育成◆
http://www.freespace-tanpopo.com
家庭、学校、地域等に居場所を見出せない子どもや若者たちが、「ありのままの自分でいられる 人と出会いつながり 好きなものを見つける みんなで作る場所」を大切に、安心してすごせる居場所作りをしています。また、いじめや不登校の問題で悩む子どもや親たちの相談交流会を開催しています。
◎サンタの家(横浜市港南区) ◆子どもの健全育成◆
トマトおばさんは、おいしい献立(こんだて)を作って皆さんが来るのを待っています。“一人でも”、“お友だちと一緒でも”いいから来てね!「サンタこども食堂」は温かくておいしい食事と遊び場を提供します。紙芝居(かみしばい)も見られるよ。
◎グループ・ナイス(横浜市港南区) ◆子どもの健全育成◆
グループ・ナイスは数ある子育て支援団体の中にあって「今まさに子どもを虐待している最中の親」を支援対象としているところに特徴があります。子どもと親の関係を修復し、家庭が安心できる場所になる事で、子どもたちが地域で健全に成長するお手伝いをしています。
◎TIEトマトマの会(茅ヶ崎市) ◆子どもの健全育成◆
トマトマ教室では、外国につながりのある中・高生たちが、日本語や教科のサポートを受け、多様な人たちやOBたちとも交流しています。どの生徒も慣れない環境の中でも自分らしい誇りと自信を持って成長してほしいと、多くのボランティアの願いと心意気で活動しています。
◎食生活支援団体 お結(横須賀市) ◆子どもの健全育成◆
私たちは、人と人がつながって=結ばれて「心がうごく」「おなかが満たされる」「気持ちがかわる」そんな思いで活動をはじめました。一人では小さな力も、たくさん集まると大きな力になります。今は私たちの活動に賛同してくれる方を一人でも多く集め、安定した活動になるよう努力しています。Yokosuka子ども食堂の活動を中心にしています。
◎アクティヴ・ママ(座間市) ◆子どもの健全育成◆
http://activmom.blog.fc2.com/
子どもたちが健全に育つ地域づくりをめざし、座間市内にある古民家で子育てひろばを開設しています。また、小中学生が主な対象の「こどもサロン」ではみんなで夕飯を作ったり、外国人親子と交流をして異文化にふれる「国際交流サロン」を開いたりと、子どもたちにとっても様々な体験の場、チャレンジの場となっています。
◎神奈川区国際協力ネットワーク(横浜市神奈川区) ◆国際交流◆
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kanagawaku-kokusaikyouryoku-netw/index.htm
外国につながる子どもたちへの学習支援は5年目を迎えます。毎年全区内小学校に募集チラシを配布し、学校を通じての応募があり、子どもたちは生き生きとして教室に通ってきます。子どもたちの日本語及び学習の手助けをしたいと支援者も共に楽しんで接しています。またここが子どもたちの居場所になるよう望んでいます。
◎カサコプロジェクト(横浜市西区) ◆まちづくり◆
http://www.casaco.jp
カサコは多世代多国籍の地域交流拠点です。地域の方による日直カフェや、放課後の子どもの受け入れ、海外からのホームステイ受け入れを実施し、新たな出会いや助け合いを支える場所をめざしています。多くの方の居場所になりつつある今、子どもや高齢者がより安全快適に利用できる環境整備に利用させていただきます。
◎共生のまちづくりネットワークよこはま(横浜市青葉区) ◆まちづくり◆
http://kyomachi-yokohama.org/
神奈川県には外国人が約17万5千人住んでいますが、文化や習慣、言葉の壁から必要とする生活情報を手に入れることが困難な人が多いのが現状です。このような課題解決のため、医療と防災に視点を置いた、多言語版おくすり手帳を作成します。また外国人が気軽に入手しやすいよう普及活動の推進を図ります。
◎NPO法人 ぐらす・かわさき(川崎市中原区) ◆まちづくり◆
http://www.grassk.org/
地域の拠点としてコミュニティカフェの普及に取り組んでいます。地元野菜や手作りにこだわった食事を促進するカフェとして、「メサ・グランデ」を運営のほか、月に一回程度、畑に出向いて地域の人が農家と一緒に野菜作りを体験する“縁農”を開催しています。食を通じて人々が集い、想いをカタチにできる場所です。
◎福島の子どもたちとともに・湘南の会(藤沢市) ◆震災支援◆
http://fuku-refl-shonan.sblo.jp/
当会は福島の子どもたちの保養活動を目的にして活動しています。湘南は海と緑に恵まれた場所であるため、海で磯遊びや野を駆け回ったりできるため自由に遊ぶことができます。3歳からの幼児を受け入れて親子が安心してリフレッシュできるよう工夫しています。
◎福島の親子とともに・平塚(平塚市) ◆震災支援◆
http://hiratsukaoyako.blog.fc2.com/blog-category-6.html
神奈川県の子どもたちも放射能汚染と無縁ではありません。「お金よりいのちが大事」「自分たちの平和で安全な生活を一部の地域の人たちの犠牲の上に求めない」「未来においても誰もが安心して生活できる社会にするためにはどうしたらよいか」などを共に考え、放射能汚染から子どもたちを守る社会の実現をめざしましょう!
◎女性防災クラブ平塚パワーズ(平塚市) ◆防災・地域安全◆
http://blogs.yahoo.co.jp/hiratsukapowers
女性防災クラブ平塚パワーズは、女性の視点に立って減災に関する知識、技術の向上を目的として活動しています。「自分の命を守り、家族を守り、そして地域を守ろう」を基本に、各地域の防災訓練や各種イベントへ参加し身近な物でつくる減災グッズの作り方の普及や応急手当等の様々な減災まちづくり活動を行っています。
◎海老名女性支援電話「そよ風」(海老名市) ◆男女共同参画◆
地域の人間関係の希薄さから、ひとりで悩みを抱え込んでいたり、DVなど理解してもらいにくい問題に、安全で敷居の低い相談窓口として、匿名でかけられる無料の電話相談です。社会的に力の弱い女性の支援に役立ちたいと2007年に立ち上げました。毎週火・金に電話相談活動をしています。
◎ユニバーサル絵本ライブラリー UniLeaf(葉山町) ◆福祉◆
http://unileaf.org
日本唯一!見える子も見えない子も皆一緒に使えるユニバーサル絵本!ユニリーフは市販の絵本を解体し透明点字シートを挟んで再製本、全国に貸し出しています。我娘が2歳で失明し、もっとも打ちのめされたのは周囲の特別視でした。分離せず、皆が一緒に過ごす機会、「慣れ」こそ共に生きる社会の第一歩。心に働きかける絵本です。
◎特定非営利活動法人やさしくなろうよ(海老名市) ◆福祉◆
http://yasashikunarouyo.jp/
水も電源も必要としない福祉バイオトイレカーは花火大会や地域のお祭りだけではなく、災害時にも活躍します。私たちスタッフが管理者とともにトイレ利用のつど清掃を行い、常に清潔なトイレ空間を提供することで体の不自由な方も健常者と同じようにイベントに参加できる機会が一人でも増えるよう、活動をしております。
◎ピアサポートよこはま(横浜市中区) ◆医療・健康◆
http://www.facebook.com/peersupport
「2人に1人ががんになる時代」がんは身近な病気です。がんになっても安心して暮らせる地域をめざして、がん体験者ががん患者の抱える不安や辛さにより添います。
◎IDEA education(座間市) ◆生涯学習・社会学習◆
http://idea-edu.net
不登校の根本解決とコミュニティ教育の実践を目的とし、居場所づくり・学習支援・家族サポート・地域イベント等を行っています。不登校経験者がさまざまな人と関わりながら、企画運営を行う「ふぁみりーフェス」は今まで6回開催し、のべ1000人以上の方が参加しています。オープンでチャレンジング、楽しい雰囲気が特徴です。

関連ニュース

〜2016年度市民活動応援プログラム〜「支援金引渡し式」を開催しました

2016年12月14日、パルシステム神奈川ゆめコープ新横浜本部にて2016年度市民活動応援プログラム支援金引渡し式を行いました。18団体の代表者に対して総額400万円の支援金が引き渡されました。

詳しくはこちら

支援金助成団体のみなさんと

市民のつながりで地域課題を解決―「市民活動応援プログラム報告・交流会」を開催しました

2016年5月30日、横浜市スポーツ医科学センターにて、外国人の教育支援を行う当事者団体や貧困問題に取組む法律家のネットワーク、コミュニティカフェを運営しているNPO法人など、取り組むテーマも場所も異なる13の市民活動団体と、当組合の役職員と組合員、中間支援組織など61名が一堂に会し、「市民活動応援プログラム報告・交流会」を行いました。

詳しくはこちら

楽しく交流する市民活動団体のみなさん