地域見守り活動

子どもや女性への犯罪が増加、また高齢者の孤独死や徘徊事故なども増えて、地域での見守り活動の必要性が急務になっています。パルシステム神奈川ゆめコープでは、県内各エリアを配送や仲間づくりでまわる利点を生かして、地域での見守りや防犯活動などに積極的に取り組んでいます。

「こども110番の車」の取り組み

約500台の配送トラックと約70台の営業車輌のすべてを対象とした神奈川県警と連携した取り組みです。トラブルに巻き込まれそうになった子どもや女性、高齢者などから声をかけられたときに、被害者の安全確保や状況に応じた110番通報など、「こども110番の車」対応マニュアルに基づき、地域の安心を守る心構えをもって行動しています。

「こども110番」の主な活動

  1. 被害者が犯罪等の被害に遭って助けを求めてきた場合に、警察官が到着するまでの間、被害者の安全を確保する。
  2. 事件・事故の発生などが発生した際に、状況に応じた(110番通報、学校、家庭等) 連絡。

※犯罪等の被害に遭遇した際は、危険をおかしてまで不審者(犯人)を追跡したり、取り押さえたりすることは、活動範囲ではありません。

地域見守り活動

大和市と「地域の見守りと安心できるまちづくりに関する協定書」、神奈川県と「地域見守り活動に関する協定」を締結しています。孤立死・孤独死を未然に防止するため、業務で個人宅を訪問した際に、異変を感じ生命の危険が予見された場合は、個人情報保護に配慮したうえで、市町村や警察署・消防署に通報などの対応を行います。
2013年9月、2015年1月および2016年1月に、人命救助につながった案件について、神奈川県知事より配送センターに感謝状が贈呈されました。