一般事業主行動計画

生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ

次世代育成支援・女性活躍推進法 第1期一般事業主行動計画

次世代育成支援・女性活躍推進法に基づき、第1期事業主行動計画(2016年4月1日~2017年3月31日)に基づいた目標設定と具体的な取り組み内容を以下のとおり策定しました。

計画期間

2016年4月1日~2017年3月31日

内容

目標1
職員のワークライフバランスを支援する雇用環境の整備を実施します。
対策
  1. ジョブリターンの制度を設け育児・介護・配偶者の転勤等を理由とする退職者に対する再雇用の機会を設けます。
  2. 育児休業中の職員の職業能力開発及び向上のためのさまざまな情報提供や交流会を実施します。
  3. 育児休業から復職する職員を部下にもつ上司に対する適切なマネジメントと上司と部下の相互理解をすすめるための人事部署を交えた復職前の面談を実施します。
目標2
正規職員の年間総労働時間1人平均2,100時間以内をめざします。
対策
  1. 組織のトップ(専務理事)からの長時間労働是正に関するメッセージの発信をします。
  2. 組織全体・部署ごとの数値目標の設定と部門を横断によるモデルセンターでの改善取り組みを実施します。
目標3
女性の管理職(課長、センター長)・監督職(主任、副主任、リーダー)の割合を現状の19.4%から22.0%以上に引き上げます。
対策
  1. 若手に対する多様なロールモデル・多様なキャリアパス事例の紹介/ロールモデルとなる女性管理職と女性労働者との交流機会の設定等によるマッチングをします。
  2. 職階等に応じた女性同士の交流機会の設定等によるネットワーク形成支援をします。
  3. 女性労働者の積極的・公正な育成・評価に向けた上司へのヒアリングをします。
  4. 利用可能な両立支援制度に関する労働者・管理職への周知を徹底します。
  5. 育児休業からの復職者を部下にもつ上司に対する適切なマネジメント・育成等に関する研修等を実施します。